中国の諜報機関とスパイ活動 (1927~2018) – 社会経済ニュース

米国下院議長のナンシー・ペロシが最近台湾を訪問した後、中国が台湾の東海岸沖で通常ミサイルを発射し、大規模な実弾演習を実施するなど、北東アジアで緊張が高まっています。 これは、ペロシ大統領の台湾訪問への報復として「台湾封鎖」と呼ばれる軍事演習です。 そんな中、台湾軍で35年間諜報活動に従事した翁衍慶元台湾軍事情報局副局長が中国の諜報機関とスパイ活動について書いた本が出版された。 1927年から2018年上半期までの活動が韓国で翻訳出版され、注目を集めている。




新しい本 45年間親密だった両国の国交樹立に伴い、1992年に公開された。 2020 年に再び韓国の第 5 位の貿易相手国になるまで、航空路は韓国と台湾の苦い歴史とともにありました。台湾との友好関係を強化する。

この本は、中国共産党が1927年に上海に中央特務課を設置し、国民党中央部の諜報戦装備に潜入した1937年から1945年まで続いた本です。 第二次国民協力の主導権を握るため、中国共産党がスパイを国民党に送り込み、蒋介石を台湾に導き、反日闘争に勝利して勝利を収めるまでの中国共産党のスパイ活動を詳しく描いている。

– 本文の要約




この本はまた、カン・テクミン派が国家安全部を掌握し、第2師団が旧総参謀部から最高情報局に再編成された話も伝えている。一般職。 戦略支援部隊のサイバー作戦部隊と、中央軍事委員会の政策の一般政策部門の元連絡部門で。 公安と共産党の腐敗が深刻化する中、習近平は国家安全委員会を設置し、国家安全法を制定して政党、政府、軍の情報をすべて掌握した.情報組織の変化の話は興味深い.仕方。

この本は、台湾の諜報活動を主導した台湾軍の高官によって書かれたものであるため、中国の視点とは若干の違いがあるかもしれません。 実際、台湾の軍事情報機関が本土の情報サービスを 50 年近く提供してきたという一部のメディア報道は、台湾の本土の情報活動がまだ機密解除されていないという理由で説明されていません。 しかし、台湾海峡をめぐる緊張の高まり、米中関係の悪化、韓国や日本など近隣諸国を取り巻く複雑な国際情勢や安全保障体制などを背景に、これまでの激しい諜報活動の歴史中国と台湾の間の理解に大いに役立つ本です。

※ 原作者の翁衍慶は、台湾諜報局の諜報官養成クラスを卒業し、セントジョンズ大学、アジア研究の修士号を取得し、雑誌を発行しました。 <中共硏究> 台湾軍事情報局副局長(中将)を歴任。 彼は 35 年間、台湾軍事情報局を含む情報分野で働いていました。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。