中国、日本、2年半ぶりのハイレベル会談…中国の専門家「台湾問題で関係の基盤を傷つけない」

秋葉武夫国家安全保障局長官。 ⓒ AFP=News1 ⓒ News1 記者 チョン・ユンヨン

(ソウル=ニュース1) チョン・ユンヨン記者=日本の秋葉建夫国家安保庁長官は17日、中国共産党政治局の外交担当のヤン・ジエチ委員と7時間にわたって会談したと警告を受けた。傷つけないように。 首脳会談は、日中国交正常化50周年の約2年6カ月前に開かれた。

中国環球時報の英語版である環球時報は17日、両国間の緊張が高まる中、2020年2月以来初めて中国と日本のハイレベル会談が行われたと報じた。 .

同日、楊潔篪政治局長と秋葉局長は北京近郊の天津で会談し、建設的で安定した関係を築くために対話を続けることで合意した。 中国の国営新華社通信は、双方が率直で詳細かつ建設的な対話を行ったと報じ、日本の時事通信は、秋葉局長が台湾海峡における緊張と平和の管理について言及したと報じた。

中国外務省の王文彬報道官は、政策ブリーフィングで、「中国と日本は協力して内政干渉を排除し、新しい時代のニーズを満たす関係を確立する必要がある。 日本側は、長期的な核心的利益に焦点を当てた対中政策を堅持すべきだ」と述べた。

会談を見守った中国の専門家は、日本を地域に影響力のある隣国と評価し、会談での意思疎通を強化するという両国の合意に意味を与えた。

黒竜江省社会科学研究所の北東アジア研究所所長である Da Ji-gang 氏は、次のように述べています。これにより、道を見つけるために必要な外交基盤が作成されます。

彼は、会談は「複雑な世界情勢に直面している中国と日本の利益に奉仕するために必要な雰囲気を作り出した」と付け加えた。

さらに、専門家は岸田文夫首相に対し、日本が米国と共謀して「台湾問題」で中国に挑む場合、日中関係をさらに悪化させる前に慎重に対処するよう求めている。

遼寧省社会科学院の朝鮮半島問題の専門家であるリュー・チャオ氏は、「台湾が中日関係の政治的バックボーンであることを繰り返しながら、中国側は台湾問題は『レッドライン』であると日本に警告している」と述べた。 .

清華大学現代国際関係研究所のリュ・ジャンヨン教授は、「台湾海峡で紛争が発生したとき、日本の自衛隊は、日本人だけでなく外国人も利用できるように法改正を求めた。軍用輸送機も含めて避難することもできます」と彼は言いました。

一方、中国と日本のハイレベル会談は今月初めに開催される予定だったが、その際、中国側が一方的に会談をキャンセルした。 実際、日本の林芳様外相は、G7諸国の外相と台湾海峡で軍事演習を行っている中国を批判した。

5月18日(現地時間)、アラスカ州アンカレッジで開催された米中首脳会談で演説する中国外務政治局の楊潔篪委員。  ⓒ AFP=News1 ⓒ News1 記者 ウ・ドンミョン
5月18日(現地時間)、アラスカ州アンカレッジで開催された米中首脳会談で演説する中国外務政治局の楊潔篪委員。 ⓒ AFP=News1 ⓒ News1 記者 ウ・ドンミョン

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。