世界20km走者のチェ・ビョングァンが1:28:56のタイムで34位…山西2連敗

このイベントの最初の金メダリストは、女性の20kmのランナーであるガルシアでした。

チェ・ビョンクァン(31、サムスン電子)は、第5回世界陸上競技選手権でかなり残念な成績表を受け取った。

チェ・ビョンクァンは、米国オレゴン州ユージーンオーチェンスタジアム近くの遊歩道で行われた2022年世界陸上競技選手権の男子20kmレースで、16日(韓国時間)1:28:56で34位につけました。

2013年のモスクワ(38位)、2015年の北京(45位)、2017年のロンドン(31位)、2019年のドーハ(21位)に続き、5年連続で世界選手権に出場。 29秒)そしてトップ10に入ろうとしましたが、残念ながらゴールに到達しませんでした。

当日8位の広人中将(22歳)の記録は1時間20分39秒。

チェ・ビョングァンのアカウントで個人ベストを設定することでトップ10に入ることができたが、彼の目標よりも8分以上遅かった。

[세계육상]    20kmアラートのチェ・ビョングァンが1時間28分56秒で34位…山西利和2連勝(総合)

試合後、チェ・ビョンクァンは「世界選手権に5回連続で出場するよりも、意味のある結果を出すことが重要だが、今日の結果は非常に残念だ」と語った。 「この競争は終わりではありません。

帰国後、全国大会で1万mと20kmで個人ベストを破ることに挑戦します。

個人のベストを破り続ける選手になるために全力を尽くします。 »»

チェ・ビョンクァンは、2011年世界陸上競技選手権大会で銅メダリストを務め、3年連続の世界選手権大会でトップ10(2011年大国選手権3位、2013年モスクワ9位、2015年北京10位)で、サムスンの引退後に引退した。エレクトロニクスコーチのキム・ヒョンソプ。

この大会で目標を達成できなかったチェ・ビョンクァンは、ブダペストでの2023年世界選手権、2024年パリオリンピック、2025年の東京世界選手権で再びトップ10の主要大会に出場するために戦っている。

[세계육상]    20kmアラートのチェ・ビョングァンが1時間28分56秒で34位…山西利和2連勝(総合)

チャンピオンシップは山西利和(26、日本)が1:19:07のタイムで優勝しました。

山西利和は、2019年のドーハ大会に続き、2年連続で世界選手権に出場しました。

山西は、日本のアスリートとして初めて世界選手権で優勝しました。

2位は日本人選手。

池田コギ(24)が1時間19分14秒で銀メダルを獲得した。

ペルセウス・カールストロム(32、スウェーデン)は、池田より4秒少ない1時間19分18秒で3位につけました。

[세계육상]    20kmアラートのチェ・ビョングァンが1時間28分56秒で34位…山西利和2連勝(総合)

ユージーン2022世界選手権の最初の金メダリストはキンベルリガルシア(29、ペルー)でした。

ガルシアは女子20kmレースのトップに登り、1:26:58の個人ベストとペルーの新記録を打ち立てました。

彼はまた、ペルーの歴史の中で最初の世界陸上競技選手権のメダリストであるという名誉を持っていました。

Katazina Sieb(26、ポーランド)も1時間27分31秒の全国記録で2位になりました。

2012年ロンドンオリンピックで1位、ドーハでの2019年世界選手権で2位につけたチェヤン・シジェ(32歳、中国)は、1:27:56に銅メダルを獲得しました。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。