世界的な放射性崩壊の専門家「プルトニウムを含む日本の福島からの汚染水の排出は人類にとって災害になる」-現代健康ニュース


日本の地球の友である満田寛奈氏は、日本政府と東京電力は福島原子力発電所からの汚染水を処理したが、放射性物質を含む水はまだ大量にあると述べた。 写真は日本の福島原子力発電所近くの汚染された貯水タンクを示しています。 (写真提供:グリーンピース)


「放射性水に含まれるプルトニウムの最も致命的な毒性は非常に強い」


「東京電力は汚染水を処理したと言ったが、放射性物質は残っている」


市民放射線監視センターの活動家、尹錫淑(尹錫淑(ユン・ソクヨル)政府は汚染水の排出に積極的に対応しなければならない」

[현대건강신문=채수정 기자] 「放射性元素は何千マイルも移動する魚に集中しているので、放射能汚染された水の太平洋への放出は医学的災害になるでしょう。」

医学的背景を持つ世界的に有名な放射線の専門家であるヘレン・カルデコット博士は、11日に国会で開催された「日本の福島原子力発電所からの汚染水の排出に関する国際フォーラム」で警告した。

ヘレン・カルデコット博士は、200の放射性元素をリストアップし、「原子力発電所で生成される放射性物質は、無形、無味、無臭であり、癌や遺伝病を引き起こす可能性があります。 129△福島原子力発電所の汚染水に含まれるプルトニウム。

特に、プルトニウムに関して、ヘレン・カルデコット博士は次のように述べています。「プルトニウムは最も致命的なアルファ放射体であり、非常に毒性が高く、100万分の1グラムが肺に入ると癌を引き起こします。そして25万年間放射性。

ヘレン・カルデコット博士は次のように述べています。「放射性元素は数千マイルを移動する魚に集中しているため、放射能汚染された水を太平洋に投棄する計画は医学的災害になります。」フードチェーンにバイオ濃縮されています。

Portrait-Middle-Modified.gif
ヘレン・カルデコット博士

別の講演者であるジャパンアースフレンズの満田カンナ事務局長は、日本政府と東京電力は福島原子力発電所からの汚染水を処理したが、放射性物質を含む水はまだ大量にあると述べた。

東京電力は、「東京電力は、基準水量を超えた処理水の70%を「二次処理」し、基準値以下に放流する計画であるが、その理由については説明がなかった。放射性物質の種類があった」と述べた。またはいくら。」 「現在、129万立方メートルが1,020のタンクに保管されています」と彼は言いました。

東京電力が発表した放​​射線影響評価報告書の問題点を指摘した三田寛奈総支配人は、△東京電力が発表した報告書で放射性物質の総量を発表も推定もしなかった△日本政府は原子力発電にトリチウムを使用しなかった海上での投棄の過程を指摘し、例えば福島からの投棄は問題ないので、投棄されているとのことでした。

最後に、三田寛奈事務局長は、「放射性廃棄物を含む負の遺産を将来の世代に残すだろう。

討論者として参加した韓国の環境活動家は、尹錫淵(ユン・ソクヨル)政府に、福島からの汚染水の放出に対する反応を監視すると語った。

市民放射線監視センターの活動家であるチェ・ギョンソク氏は、「韓国政府は、WTOの訴訟に勝った後、福島からのシーフード輸入の禁止を支持しているが、彼が禁止の解除を要求する可能性が高い。 CPTPP加盟の条件としての日本の水産物輸入について」

活動家のチェ・ギョンスク氏は、「大統領選挙で、尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領は、科学的に安全であれば退院を承認すると述べた。

外国の環境団体の活動家は、日本の福島での放射性物質の影響が米国のカリフォルニアにも影響を及ぼしていると証言しています。

米国のパネリストとして、カリフォルニアの社会正義教育財団のソン・ソンソク会長は、「2018年に、サンフランシスコ湾の海水で福島からの廃棄物が検出されました。事故直後、放射性物質の痕跡を含みます。物質。 サンフランシスコから約107キロ離れたワイン生産地域であるナパのワインで見つかった粒子。彼は宣言します。

太平洋アジア反核平和連合のツクルフォースの共同創設者(創設者)は、福島からの汚染がカリフォルニア沿岸に到達した証拠として、カリフォルニア沿岸でのセシウム137レベルの上昇とセシウム134の発見を示しました。

創始者支援活動であるつくる軍は、日本政府の海上排出停止決議を採択するために実施されなければならない」と述べた。

国際フォーラムの参加者は、福島原子力発電所からの汚染水に対処するために、関係国間の連帯が重要であることに同意した。

ソン最高経営責任者(CEO)は、「福島原子力発電所から、安全の保証なしに、そして犠牲者と近隣諸国の同意なしに、汚染された水を太平洋に排出することは、人類と環境にとって大きな災害になるだろう。それは修正される必要がある」と述べた。 彼は言った。

市民放射線監視センターの活動家であるチェ・ギョンスク氏も、「福島から海への汚染水の排出は私たち全員にとって問題であるため、私たちは確実に連帯活動を行う」と述べた。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。