世界の中央銀行はFRBに従って金利を引き上げます











100年ぶりに..FRBがインフレをキャッチするために供給された、1%pの増加が高すぎる..0.75%pの可能性

2020年5月22日にワシントンで建設された連邦準備制度(FRB)の様子。APニュース

2020年5月22日にワシントンで建設された連邦準備制度(FRB)の様子。APニュース

連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長(写真提供者:AP通信)

連邦準備制度理事会のジェローム・パウエル議長(写真提供者:AP通信)

米国連邦準備制度理事会(FRB)を含む主要国の中央銀行は、インフレ(インフレ)に追いつくために金利を引き上げるために競争しています。 先月の15日、FRBは、金利を一度に0.75パーセントポイント引き上げるという「大きな飛躍」を遂げました。 金利が一気に0.75パーセントポイント引き上げられたのは1994年以来のことです。 今月末に開催された連邦公開市場委員会(FOMC)の会議では、0.75%から1%pの増加の可能性が見込まれています。

フィナンシャルタイムズ(FT)の17(現地時間)の集計によると、世界55か国の中央銀行は4月から6月の3か月間に62回、少なくとも0.5パーセントポイント金利を引き上げました。 また、7月には各国の中央銀行がすでに17回で0.5ポイント以上の利上げを行っている。 世界の中央銀行がこれほど大幅に金利を引き上げ続けたのは、100年ぶりのことです。

他の主要国の中央銀行は、FRBが利上げを最高水準に加速しているため、FRBを追いかけることに忙しい。 米国の金利が上昇するにつれて、ドルは主要通貨に対して上昇し、他の国々は通貨が下落するにつれてインフレ圧力が高まる。

韓国銀行も13日、金利を0.5%p引き上げ、カナダは同日1%p引き上げた。 チリとフィリピンも14日、金利を0.75パーセントポイント引き上げた。2日、ニュージーランド中央銀行は、金利を0.5パーセントポイント引き上げた。 ハンガリー中央銀行は12日、ベンチマーク金利を2.00パーセントポイント引き上げました。 ハンガリーはわずか2か月で金利を3.85パーセントポイント引き上げました。 6月、オーストラリア、ノルウェー、スイスは金利を0.5パーセントポイント引き上げました。

ラボバンクの外国為替取引のシニアヘッドであるジェーン・フォーリー氏は、「現在、市場の0.5パーセントポイントは、新たな0.25パーセントポイントとして機能している。私は、pを基本的な印刷幅と見なしている」と述べた。

ウォールストリートジャーナル(WSJ)は、FRBが「巨大な飛躍」に備えていると報じました。これは6月と同様に今回は0.75パーセントポイント上昇します。 6月の米国消費者物価指数が9.1%だった13日、FRBによる1%pの利上げの理論は急激に上昇しました。 しかし、ミシガン大学が15日にインフレ期待が低下したと発表したため、1%pの利上げの可能性は大幅に減少しました。

連邦準備制度理事会は、過度の利上げが米国経済が不況に陥るなどの副作用をもたらす可能性があることを恐れています。 アトランタ連邦銀行のラファエル・ボスティック総裁は、15日にタンパベイビジネスジャーナルが主催したフォーラムで、「金利を上げすぎると、経済に不必要な弱さをもたらす可能性がある」と述べた。

他の幹部も1%pの利上げに懸念を表明した。 カンザスシティ連銀のエスター・ジョージ総裁は、金利の急上昇は米国経済の不況を引き起こす可能性があると述べた。

一方、金融緩和政策に固執していた欧州中央銀行(ECB)は、21日に金融政策会議を開催し、パンデミック以来初めてキーレートを引き上げる見通しだ。 その結果、主要な借り換え業務の固定率は0.00%から0.25%に引き上げられます。 先月、金融緩和政策を維持することを決定した日本銀行(日銀)も注目を集めている。

camila@fnnews.com、レポーターカンギュミン








Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。