上半期の農水産物の輸出額は62億1000万ドル…史上最高

農産物および水産物の品目別の輸出実績。 農林水産省と水産海洋省が提供
貿易収支が今年上半期に史上最大の赤字を記録した厳しい経済状況にもかかわらず、当社の農産物および漁業製品は前例のない輸出記録を打ち立てました。


農林畜産省と海洋水産部によると、5日、2022年上半期の農林水産製品の輸出額は62億1000万ドルで、同時期に比べて14.6%増加した。前年。 これは前半の歴史的な記録です。

今年の上半期の農産食品の輸出は、2020年の36億ドル、昨年の41.8億ドルに続き、7.9%増加して45億ドルになりました。 水産食品の場合、今年は17億1,000万ドルで、11億ドル(2020年)と12億5,000万ドル(昨年)を経て、前年同期から37.2%増加しました。

輸出国別では、今年上半期の最大の輸出額は10億6,160万ドルでした。 続いて、中国が10億3,190万ドル、米国が8億9,530万ドル、EUと英国が4億1,070万ドル、ロシアが9,850万ドルでした。 ASEAN地域への輸出額は12億3,170万ドルでした。

これは、ロシアのウクライナ侵攻や中国のCOVID-19に対する検疫措置の強化などの困難な外的条件により、上半期の貿易収支が103億ドルの記録的な赤字を記録した当時の重要な成果です。

地域別の農水産物の輸出実績。 農林水産省と水産海洋省が提供地域別の農水産物の輸出実績。 農林水産省と水産海洋省が提供
農産物、米ベースの加工食品(前年比+ 13.3%)、ラーメン(+ 20.0%)、菓子(+ 11.5%)、飲料(+ 8.9%)などの輸出。

インスタント米、トッポッキ、マッコリなどの加工米製品は、自家製食品の需要と韓国料理への継続的な関心から、米国で人気がありました。 国別では、4,310万ドルが米国に輸出され、1,610万ドルがニューサウス地域に輸出されました。

最大の消費国であるベトナムをはじめ、世界各国でさまざまな商品が人気を博し、大型小売店、コンビニエンスストア、オンラインショッピングモールなど、さまざまな流通ネットワークの店舗数が増加し、ラーメンの輸出が増加しています。 最大の輸出額は、中国への9,190万ドル、ニューサザンへの7,220万ドル、米国への4,790万ドルのオーダーでした。

飲料の輸出は、主に南アジア、南東部、およびアロエ、フルーツジュースで作られたヘルスドリンクの人気の高まりにより、主にニューサザン(9,340万米ドル)と米国(5,460万米ドル)に増加しました。とお茶。 。

シーフードの場合、海藻(前年比13.8%増)、デンテート(117.3増)、アワビ(43.7増)などの主要製品のほとんどが、困難な状況下で輸出の伸びを記録しました。


上半期に3億7,590万ドルの輸出を記録した海藻の輸出は、加工用の乾燥海藻、おかず用の味付け海藻、スナック海藻など、さまざまな形で開発され、輸出は着実に増加しています。 114カ国に輸出されている海藻は、単一のシーフード製品として初めて年間輸出額が7億ドルを超えると予想されています。

マジェランアイナメは、南極海で直接漁船が漁獲する深海魚です。 味が良く、栄養素が豊富です。 したがって、米国への輸出は急増した。 今年上半期の輸出額は4,670万ドルで、前年同期の2倍以上(2,130万ドル)でした。 1kgあたりのへこみ肉の単価は、昨年上半期の17.7ドルから今年上半期には31.4ドルに上昇し、収益性が向上しました。

アワビの場合、健康食品であるという認識が広まり、生きたアワビの日本やベトナムへの輸出が増えています。 上半期のアワビの輸出は、日本への2,180万ドル、ベトナムへの3,850万ドルで、前年比でそれぞれ48.2%と111.1%増加しました。 冷凍加工されたアワビの輸出は、主に米国への増加が見込まれています。

農林水産省は、生産品質管理を強化し、2学期に出荷される農産物の料金について各国の独占的な輸送手段と個別のマーケティングを保証することにより、輸出を増やすことを計画している。 海洋水産部も、海外でのマーケティングを強化し、新規顧客を確保し、輸出産業のロジスティクスを支援することにより、上半期も輸出の増加傾向を継続する予定です。

下半期の海外現地マーケティング活動については、農林水産省がフランス、中国、マレーシア、日本、タイで韓流フードフェア(K-Food Fair)を開催するなどの戦略を実施しました。アラブ首長国連邦。 水産海洋省は、米国やオーストラリアのアマゾンや中国の淘宝網などのオンラインショッピングモールにK-シーフードルームを開設するなどの計画を準備しています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。