一般方針: 政治: ニュース: ハンギョレ

ユン大統領、マスコミとのコミュニケーションを禁止
大統領府に「保護者と安全上の理由」を作る
MBC「まじめに見て」
野党「尹氏、メディアの選択的見解を批判」
与党の一部「大統領が物議を醸す」

ユン・ソクヨル大統領が18日、龍山(ヨンサン)の大統領府に入り、記者の質問に答えている. ユン・ウンシク首席記者 yws@hani.co.kr

大統領府は20日、尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領が記者団と簡単な会談を行った龍山(ヨンサン)大統領府1階のスペース(出入り口)に突然壁を作り始めた。 工事が完了すると、報道陣に開放されていた龍山大統領府の正門が見えなくなる。 大統領府は「治安と安全のため」と説明したが、尹大統領の報道に対する見方をめぐる論争は続いており、報道陣の排除がきっかけとなっている。 (MBC) と機内でジャーナリストとの会談。 . 野党は「尹大統領の『選択的メディア観』の象徴」と批判した。 これまで尹会長は1階正面玄関から出入りし、玄関前で記者団と簡単な会見を行っていた。 1階の報道室の記者たちは、腰までの高さのガラスの壁を通り抜け、尹会長が立っている正面玄関の前で取材の準備をした。 しかし、社長室は今日の午後から、ガラスの壁の前に約2mの壁を作り始めました。 木枠を見ると、床から天井まで幅6m、長さ4mの壁があり、中央に長方形の扉が一つ設置されている。 ジャーナリストは、正面玄関に出入りする状況を見ることができません。 通常、記者は、正面玄関から尹大統領や大統領府の職員の出入りをつかみ、ガラスの壁を通して職員と日常会話をすることができました。 この日、大統領府の主要関係者は記者団と会見し、「現在、1階のスペースは完全に記者に開放されており、大統領の外交上、私的なスケジュールが必要な部分がある.. 私はそれがインストールされることを知っています」と彼は言いました。 記者の質問に対し、「工事は先週の金曜日の旧正月関連ではないですか?」と答えた。 これは、壁の建設が「打ち合わせ」と連動していることを示唆する説明です。 別の大統領府関係者は「木が倒壊した場合に備えて一時的に置かれていることは知っている」とし、「(透明ガラス)なのか不透明なすりガラスなのかはわからない」と話した。 これに先立ち、18日の記者会見の最後に、文化テレビの記者は「憲法を守る大統領の責任」の一環として、民間機への搭乗を禁じられたと述べた。 (韓米)真実ではないフェイクニュースとの同盟。 尹会長の言葉に「悪とは何だったのか」と問いかけた。 ユン大統領が無反応で去った後、イ・ギジョン大統領府の広報秘書官は、文化テレビの記者を「礼儀正しくない」と非難し、両者の間で言葉の戦いが勃発した. 今回の事案で総括会議を掌握しようとしたのか論議が高まる中、大統領府は「11月2日、ユン・ソクヨル大統領の外国代表団との私的な会見で、一部の記者が代表団の姿を一方的に撮影した」と明らかにした。大統領府との事前協議」を1階はこの事件をもとに議論したものであり、玄関先とは関係ありません。 18 日前の事件は、休暇中のジャーナリストの視界を遮る工事が突然開始されたことを正当化するものでした。 文化放送の記者は自家用機への搭乗を禁止され、某メディアの記者2人が専用スペースに呼び出されて1時間ほど語り合い、物議を醸した。 民主党は、大統領府で記者の視界を遮る構造を、尹錫烈(ユン・ソクヨル)政府の国政方法と彼の報道観を反映したものだと批判した。 コ・ミンジョン民主党最高委員は同日、ハンギョレとの電話会談で「外国メディアまでも尹錫烈(ユン・ソクヨル)政権のマスコミ弾圧を懸念している」と述べた。 . .」 マスコミとの口論も報道されているので、玄関先のスペースに仮設の壁が設置されているのを見れば、行政の自発性がうかがえる。 病院のイ・スジン報道官も「尹会長が訪問訪問を続けながら、一方的に言いたいことだけ言ったり、選択的に質問したりしているとの批判もある。尹会長のメディアに対する敵意について」ユ・スンミン元議員は前日、フェイスブックに「国民ツアーに行くと言ってMBCへの乗務を禁止された事実を外国メディアはどう報道したのか」と投稿した。彼は「大統領が論争を継続するために拡大と再生産を続けるかどうか尋ねられたら、冷静に検討してほしい」と書いた. .co.kr ソ・ヨンジ記者 yj@hani.co.kr

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です