一般方針: 政治: ニュース: ハンギョレ新聞社

ユン・ソクヨル大統領が12日午前(現地時間)、カンボジア・プノンペンのホテルで開かれたASEAN+3(韓中日)首脳会議で中国の李克強首相の話を聞いている. 左から岸田文夫首相、尹総統、中国の李克強総理。 プノンペン/ユン・ウンシク上席記者 yws@hani.co.kr

尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領は12日、ASEAN+3首脳会議で「最大の自由協定(FTA)とされる地域包括的経済連携協定(RCEP)の開放性を引き上げる」と述べた。世界。” 同日午前(現地時間)、カンボジアのプノンペンで開催されたASEAN+3(韓中日)首脳会議で、尹大統領は「包摂的で持続可能な経済成長」に向けた協力を強化する意向を表明した。 ASEAN、韓国、中国、日本との協力を拡大する 大統領府は、これが提案されていると述べた。 ユン大統領は首脳会談で、サプライチェーンの安定化、中小企業の競争力強化、気候変動への対応など、アルセップ加盟国の経済・技術協力を積極的に推進すると表明した。 Alsep は自由貿易協定であり、ASEAN 以外の 5 カ国 (オーストラリア、中国、日本、韓国、ニュージーランド) と ASEAN 10 カ国が加盟しています。 前日の尹大統領は、韓・ASEAN首脳会議で、韓国版インド太平洋戦略を含む韓・ASEAN連帯計画を発表した。 尹大統領は、「ASEAN+3」地域内の多国間通貨交換である「チェンマイ・イニシアティブの多国間化(CMIM)」に積極的に協力することを約束した。 グローバルな金融市場のボラティリティの拡大に備えるために、CMIMの円滑な運用が提案されました。 また、食料とエネルギーの安全保障を促進し、クリーンエネルギーの開発と供給を行うため、「ASEAN+3」レベルの「緊急ストックライスフェスティバル(APTERR)」に引き続き貢献することを約束した。 その日、尹大統領は北朝鮮の核とミサイルの脅威について話し、「地域の安定と平和が前提条件でなければならない」と強調した. 尹大統領は「北朝鮮の挑発と相次ぐ核・ミサイル能力増強の試みは、国際社会に直接的かつ深刻な脅威をもたらしている」と述べた。 一方、尹大統領は、ミャンマーの危機を解決するためのASEANの努力を積極的に支援する意向を示し、「国際社会と緊密に協力して、ミャンマーの民主主義を推進する」と述べた。 」 プノンペン/ペ・ジヒョン記者 beep@hani.co.kr

の記者たちは 尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領の6日間の東南アジア歴訪の取材に大統領専用機は使わず、プライベートジェットでカンボジアのプノンペンに飛び、韓国・ASEAN協会(東南アジア諸国連合首脳会議)を訪問し、 「ASEAN+3」。 「首脳会談などを取材。

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です