一般方針: ポリシー: ニュース: ハンギョレ

2019年10月23日、ソウル冠岳区の仁川高校前で開かれた「仁川高校生徒保護会」の学生らが記者会見で「教師たちは思想を植え付け、政治的偏見について教育した」と語った”。 小さい写真の人物はピープルパワー候補チェ・インホ。 国家選挙管理委員会から提供された機材の写真

2019年、高校生の頃、日本の輸出規制に対する教師の批判は「政治的偏見」であると主張した若者が地区議会に選出された. 彼はまた、ピープル・パワーのスポークスパーソンを選ぶための討論戦に参加し、違法撮影の監視と検査に使用される地方政府の予算の「総額を削減する」ことを約束した. ソウル市冠岳区議会に立候補した人民軍の崔寅浩(チェ・インホ)候補が得票率28.59%で勝利した。 崔氏は同日、フェイスブックに「20歳で冠岳区の最年少議員に当選した。 2019年10月、ソウル冠岳区仁川高校に入学。 訓練を受けた教師をイデオロギー的および政治的に偏らせたという申し立てと目を引きました。 当時崔候補は「仁川高校生保護会」の結成を主導し、広報担当者として記者会見を行った。 マラソン大会で「日本の経済侵略には反対。 彼は、政治的声明を身につけていない人はゴールラインを越えることは許されないと主張した. ソウル市教育局は当時、仁川高校の全生徒を対象に調査を行い、「一部の生徒の視点から、教師から不適切な発言があったが、政治(思想)を植え付ける教育活動とはみなされず、強制または政治的偏見。 「独裁としてのフェミニズム」を定義した崔候補WALIH、仁川高校自治性平和クラブ「社長と」朝鮮平和連隊彼は首都圏の首長でもありました。 崔候補は昨年、民力討論戦「私は代表だ」に参加し、ノックアウトステージを勝ち取るなど、民衆の力とつながった。 ユン・ソクヨル大統領候補キャンプ青少年本部男女共同参画特別委員会副委員長、人民権力クァナクガプ委員長などを歴任した後、暫定選挙で参議院選挙区候補となった。 今回の選挙で、ソウル市冠岳区新林洞閻川洞冠岳区議員選挙区と、冠岳区ポラメ洞区議会議員選挙区に当選した。 崔候補は選挙公示で、「仁川高校の教師たちが生徒たちに与えた政治偏重教育の中で最も深刻だったのはフェミニスト教育だった。私は教育を受けた」と述べた。 彼はまた、「冠岳区議会の偽の予算は完全に削減されるべきである」または「政治的に偏った公教育を追跡および監査する」と約束した. これに先立って28日、自身のフェイスブックに「冠岳区の違法撮影の監視と検査に使われた偽造予算を全額削減」という文を掲載した。 イ・ジェフン記者 nang@hani.co.kr

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。