一般方針: ポリシー: ニュース: ハンギョレ

尹大統領の就任100周年記念記者会見
支持率が低く、社内赤字対応を回避
南北関係と韓日紛争の解決も具体化されていない

ユン・ソクヨル大統領が17日、ソウル龍山(ヨンサン)の大統領府で開かれた就任100日記者会見で記者団の質問に耳を傾けている.

尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領は17日、就任100日目の記者会見で、「国政運営で最も重要なことは、まず国民の意思である」と述べた。 しかし、批評家は、国内政策の問題、外交問題、安全保障問題への回答を回避したり、具体的な解決策を見つけられなかったりしたことで批判されてきました. 尹大統領は同日、龍山(ヨンサン)大統領府で開かれた記者会見で、100日の成果を20分で挙げた。 彼は言った:「国民からの支持があり、厳しい叱責がありました」と彼は言いました。 彼は、「蘇州(収益主導の成長)などの悪い経済政策の廃止」、「一方的なイデオロギーに基づく非核化政策の廃止」、「弱体化した韓米同盟の正常化と急速な同盟の促進」と述べた。悪化した韓日関係の正常化」. 」など。 彼は文在寅政権が100日間不正を正したと指摘した。 記者会見の総時間(54分)の37%が長発言だった。 尹会長は支持率の低さ、党内の償還、職員の離職などの問題について言及することを拒否した。 南北関係や韓日関係に具体的な解決策は提示されていない。 尹大統領は、国政支持率が低下した理由を3つ挙げてほしいとの質問に、「3つを言うのは難しそうだ。 李ジュンソク元人民権力代表との対立については、「大統領として国民生活の安定と安全を重視したため、他の政治家の政治的発言を適切に検討する機会を与えなかった。ユン会長は先月クォン・ソンドン室長に送ったメールで、李前室長を「内部代表」と呼んだ。南北問題について、尹大統領は、武力や武力で現状を変えることは全くしたくないと述べたが、南北間の具体的な提案はしなかった。・韓国の対話.日本の損害賠償決定の決議について 「私たちは、日本に関係する主権の問題なしに、債権者が確実に補償される方法を真剣に探しています。 過去の問題については、合理的な結論を導き出せると思います。 私たちはお互いに関係しているからです。 被害者に焦点を当てるよりも、韓米日間の安保協力を強化することに重点が置かれている。 労使問題については、法の支配を優先すると繰り返し述べてきた。 彼は、「政府は、労使関係なく一貫して法と原則を守ることが重要だ」と述べた。 民主党のチョ・オソプ報道官は、「恥ずかしい自画自賛で、内容がなかった」と批判した。 キム・ミナ記者 mina@hani.co.kr ペ・ジヒョン記者 beep@hani.co.kr キム・ヘジョン記者 キム・シー@hani.co.kr ダムウン・ソン記者 sun@hani.co.kr

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です