ロボット新聞モバイルモバイルサイトクラウドピックが日本の無人店舗市場に参入





▲人員のいない店舗で商品を選ぶお客様(写真=クラウドピック)

人工知能ベースの無人店舗ソリューションを専門とするCloudpick(0082拿科技)が本格的に日本市場に参入しました。

日本のロボットメディアであるRobotStartによると、Cloud Pickは、米国、ドイツ、フランス、シンガポール、韓国を含む11か国の200店舗に人工知能無人店舗ソリューションを提供した実績で、日本市場を積極的にターゲットにしています。 2017年の創設以来。 Cloudpickは、中国の上海に本社を置く無人店舗ソリューション企業です。

顧客はスマートフォンのQRコードを使用して、CloudPickのソリューションがインストールされている無人店舗に入ることができます。 人員のいない店舗に設置されたいくつかのカメラは、顧客の動きや購入した商品を認識し、店舗を出るときにアプリを通じて自動的に支払いを行います。 コンピュータービジョン、ディープラーニング、センサーフュージョンなどのテクノロジーを採用し、NvidiaのGPUベースのサーバーを使用します。





▲日本のキャッチアンドゴーストア(写真=ロボットスタート)

現在、東京都江東区豊洲地区にあるNTTデータビルの無人「Catch&Go」ストアは無人で運営されています。 無人店舗に設置された3Dカメラは、NVIDIA GPUを搭載した複数のエッジサーバーに接続して、製品を認識し、顧客の行動を分析します。 裏庭には、データ分析用の独立したGPUサーバーがあり、ストア内の周辺機器サーバーを監視します。

Cloudpickの無人デジタルストアソリューションは、15平方メートルの小さな店舗から1000平方メートルの大きな店舗まで管理できます。 同社によれば、大規模店舗に数十台のエッジサーバーを設置するのと同様に、設置するサーバーやカメラの数は、店舗の規模、レイアウト、天井の高さによって異なるとのことです。

Cloudpickは、日本の非常に古い社会への参入と労働力不足の拡大により、無人店舗は今後も拡大し続けると予想しています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。