ロシアが日本との平和条約交渉を中断する日本は「受け入れられない」(全体)

[이데일리 방성훈 기자] ロシアは、日本との平和条約交渉を中断すると発表した。 彼はまた、ロシア南部の千島列島の日本人訪問者に適用されていたビザなしの交換を廃止することを決定しました。 日本は、これは一方的に予告なしに行われた不公正な措置であり、容認できないと述べて、駐日ロシア大使に抗議した。

元日本の安倍晋三首相(左)とロシアのウラジーミル・プーチン大統領。 (写真= AFP)

日経新聞と共同通信によると、同日、ロシア外務省は同日、同日、「日本との平和条約締結交渉を継続するつもりはない」との声明を発表した。 「彼らが私たちの利益を害しようとしているからだ」と彼は言った。

これは、米国と欧州連合によるロシアに対する日本の経済制裁の結果であると説明されています。

ロシア外務省はまた、1991年のロシアと日本および南千島列島間のビザなしの訪問に関する合意および1999年の日本人居住者の故郷訪問手続きの簡素化に関する合意に基づいて、日本人のビザなしの旅行を停止することを決定した。南千島列島。 。 また、「日本と共同で行った千島列島南部の共同経済活動に関する対話から撤退する」と付け加えた。

ロシア外務省は声明のなかで、黒海経済協力機構のパートナー国としての日本の地位を拡大するという決定に「従わない」と述べた。

日本政府は、ロシアが一方的に交渉を中止すると発表したことは容認できないと抗議した。

岸田文雄首相は同日の朝、下院予算委員会で発言し、ロシアに対する制裁措置は「ウクライナに侵攻したため」であり、平和条約交渉を中断するというロシアの決定は「非常に不当かつ絶対的」であると述べた。受け入れられない。」

これに関連して、日本政府のスポークスマンである松野博一内閣官房長官は、日本政府の立場をロシア駐日大使に伝えることで抗議したと述べた。

彼は「ロシアは事前に日本側に交渉の中断を説明しなかった」と強調した。 「日本政府のロシアに対する基本的な外交政策は変わらないだろう」と彼は言った。 しかし、今後の対応については、「今は話をする時ではない」と述べた。

戦後、第二次世界大戦で敵として戦った日本と旧ソ連は、南千島列島をめぐる領​​土問題を争い続けた。 両国は、平和条約を締結するための交渉を含め、1956年に共同宣言との関係の再構築に着手しました。 安倍晋三前首相は、2018年のロシアのウラジーミル・プーチン大統領との会談で、共同声明に基づいて平和条約交渉をスピードアップすることに合意した。

日本は、北海道北部のロシアによって効果的に支配されている北方領土問題、択後島、国後島、シコタン島、歯舞群島の4つを返還したいと考えています。 日本は、1855年にロシア帝国と締結した二国間貿易および境界条約に基づいて、これらの島々の主権を主張しています。

一方、ロシアは、南クリル諸島は、勝利者との補償の問題を規定した国際法協定(1951年のサンフランシスコ平和条約など)に従って合法的にロシアに属していたため、返還できないと主張している。第二次世界大戦の終結後、敗北した国々。

日経は、「ロシアが一方的に平和条約の交渉を拒否するということは、第二次世界大戦後の両国間の関係改善への道を阻むことを意味する」と述べた。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。