ラーメンに挟まれた「ラーメン#1」

/Graph=ビジネスインテリジェンス

[주간유통]ビジネスウォッチ 生活経済省が流通・食品業界の大きな課題をわかりやすく楽しくまとめたコンテンツです。 ニュースの裏に隠されたその他の事件や、記事では解決されていない様々なストーリーをお伝えしていきます。 [주간유통]1 週間で全国の流通および飲食業界で発生した主なイベントが一目でわかります。 それでは始めましょう。 [편집자]

ノンシム「負けた」

16日、農心の結果発表を見た時、目を疑いました。 私は何か間違ったことを見たのではないかと思いながら、もう一度見ました。 第2四半期は営業利益が大幅に落ち込みました。 さらに驚くべきは、単体の営業利益が赤字になったことです。 農心は国内ラーメン市場で最大のプレーヤーです。 一昔前に比べるとシェアは大きく落ちたとはいえ、依然として圧倒的なナンバーワンであることは明らかです。 農心が損をしたとは信じがたい。

市場調査会社ユーロモニターによると、農心は昨年全国ラーメン市場の49.5%で1位にランクされた。 続いてオットゥギ(26.4%)、三養食品(10.2%)、パルド(8.2%)。 2位のオットギとの差はまだまだ大きい。 農心が国内ラーメン市場で赤字を記録したのは意外だった。 競合のオットゥギや三養食品も好調だった。

/Graph=ビジネスインテリジェンス

ラーメンメーカーは、第2四半期の原材料価格の上昇により大きな打撃を受けました。 ラーメンの原料となる小麦粉やパーム油が急騰。 ロシアとウクライナの紛争により、原材料の供給が滞っています。 これはラーメン会社共通の悩みでした。 しかし、農心だけはあまりいい成績を収められなかった。 農心が同じ条件でうまくいかなかったという事実は、非常に示唆的です。

農心が四半期ベースで営業損失を計上したのは、1998年第2四半期以来24年ぶり。 農心の内心も衝撃を受けたという。 辛ラーメンや安城湯面など、長く愛されているブランドがたくさんあります。 辛ラーメンなどグローバル市場でも人気があります。 最近では、米国に第 2 のラーメン工場を建設し、グローバル市場をターゲットに始めました。 ノンシムは一体どうしたの?

海外で勝ち、国内では忘れられた

農心の第2四半期の連結売上高は、前年同期比16.7%増の7,562億ウォンを記録した。 一方、営業利益は43億ウォンで、前年同期比75.4%減った。 売上は伸びたものの、営業利益は減少し、それができなかった。 一種の「空のカンジョン」です。 採算悪化の原因は、昨今の食品業界を騒がせた原材料価格の高騰。

ここまでは可能です。 収益性が悪化したとしても、少なくとも営業損失は出ていない。 しかし、営業利益の急激な減少の背後にある数字は、別の話です。 農心の発表数値は「連結」。 国内外の全子会社の実績をまとめた数値です。 国内外の子会社の業績が良いかどうかは問題ではありませんが、一方が良くて他方が悪いと、全体の業績に影響を与えることは避けられません。

/グラフィック – ユ・サンヨン記者 prtsy201@

ノンシムのパフォーマンスです。 海外子会社を除いた国内収益、つまり農心の個別ベースの第2四半期の収益は衝撃的だった。 農心の第2四半期の単独売上高は、前年同期比2.7%増の5,844億ウォンでした。 問題は営業利益です。 農心は第2四半期に単独で30億ウォンの営業損失を計上した。 売上は伸びたものの、収益性は大幅に悪化。

一方、海外での公演は良かった。 今年上半期、農心の海外子会社の売上高は前年比23.3%増加した。 特に米国とカナダでは前年比30.2%増の2526億ウォンを記録した。 中国でも活躍した。 上半期の中国での売上高は225億ウォンで、前年比19%増でした。 これにオーストラリア (13.7%)、ベトナム (16.2%)、日本 (2.3%) が続いた。 つまり、彼らは海外で一生懸命働き、韓国ではそれを忘れていた.

なんでノンシムだけ

特筆すべきは、農心だけ成績が悪化した理由だ。 実際、オットギの場合、第2四半期の連結売上高は7,893億ウォンで、前年比18%増、営業利益は477億ウォンで、前年比31.8%増でした。 サムヤン食品も同じです。 三養食品の第2四半期の連結売上高は2,553億ウォンで、前年比73%増、営業利益は92%増の273億ウォンでした。 農心の演技とは対照的だ。

業界は、Nongshim の業績不振の理由をいくつか見ています。 まず、農心の事業構造です。 ラーメン事業に加えて、農心は軽食、飲料、おもてなしにも取り組んでいます。 その中でも「ラーメン」の売上比率が最も高い。 今年上半期、農心のラーメン事業は売上高の78.9%を占めた。 スナック14.2%、ドリンク5.4%など。 ラーメン業は絶対。

/グラフィック = ユ・サンヨン記者 prtsy201@

しかし、ラーメン業界に欠かせない原材料の価格が高騰。 農心によると、今年上半期のシカゴ先物取引所での小麦先物の価格は、1トンあたり365ドルを記録し、昨年の小麦の平均価格から41.5%上昇した。 パーム油も同様です。 マレーシアのクアラルンプールでのパーム油のスポット価格は、今年上半期に 1 トンあたり 1,554 ドルで、昨年の平均価格から 40% 上昇しました。

ラーメン中心の会社体質なので、原材料の価格に直結します。 オットギの場合、ラーメンなどの麺類の売上全体に占める割合は25.5%。 ラーメンが遅くても、他社は追いつくことができます。 サムヤン食品はちょっと違う。 Samyang Foods のラーメン事業は売上の 97.93% を占めています。 農心よりずっと高い。 しかし、サムヤン食品は輸出を通じて収益悪化を防いだ。 総売上高の約70%が輸出です。 これは、為替レートの恩恵を受けるところです。

簡単すぎませんでしたか

業界などは、農心の業績悪化が単に「商品価格の急上昇」によるものだとは考えていない。 実際、農心のように、即席めんを製造・販売するオットゥギやサムヤン食品も、商品価格の上昇による圧力を受けている。 農心は原材料の需要と供給の多様化に失敗したとさえ言う人もいる。 ただ、業界関係者は「業界は通常、数カ月前から原材料を保管しているため、需給の多様化は失敗ではない」と語った。

しかし、農心の資源配分がうまくいかなかったのは事実だ。 農心の場合、前述のようにラーメン業界の比重が大きい。 農心は韓国だけでなく海外でもラーメンを製造・販売しています。 その中でも特に国内シェアが高い。 そのため、多様なポートフォリオを持つオットギや、輸出中心のサムヤン食品に比べれば、影響は必然的に大きくなる。

/写真 = イ・ミョングン記者 qwe123@

そのため、事前に海外シェアを増やすなどの準備をしていれば、赤字幅を縮小できたという声もある。 実際、過去 10 年間、農心の営業利益率チャートは下降傾向にあり、オットギと三養食品は上昇傾向にあります。 この点で、一部のアナリストは、農心は国内ラーメン市場で長い間支配的なプレーヤーであったため、ビジネス環境の変化に満足しすぎた可能性があると示唆しています。

また、農心が新規事業の一環としてビーガン製品を拡大し、海外に工場を建設したため、収益性の悪化は避けられなかったという意見もあります。 理由が何であれ、農心の喪失は業界に大きな衝撃を与えました。 業界内でも「なぜ農心? 農心の損失が一時的なものなのか、それとも長期的な収益性の悪化の始まりなのかはまだ分からない。 24年ぶりに赤字を記録した農心の次のステップが気になる。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。