ユン大統領が直接お悔やみを申し出る…「最寄の隣人」

◀アンカー▶

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領は、韓国の日本大使館で安倍前首相の香炉に敬意を表した。

日韓関係の改善が始まる中、日本の違憲審査制と歴史的問題が重要な問題になる可能性があります。

記者のソ・ヘヨンです。

◀レポート▶

韓国の日本大使館にある元日本の安倍晋三首相の香炉。

尹錫淑(ユン・ソクヨル)会長は沈黙している。

尹大統領はお悔やみの日記に「安倍前首相の復興を祈り、遺族と日本人に心からお悔やみ申し上げます」と記している。

「私たちの最も近い隣国である韓国と日本が緊密に協力することを願っています」と彼は言いました。

[윤석열 대통령]
「私は死のニュースに非常にショックを受けました[d’Abe]。 ご遺族、そして日本の国民の皆様に心よりお見舞い申し上げます。」

ユン大統領は、日韓関係の回復に強い意志を示したため、特別な礼儀を示したと解釈されます。

政府は、日本側が追悼式のタイミングを確認した後、ハン・ドクス首相を中心に高官を派遣し、哀悼の意を表す計画だ。

追悼式のほか、朴仁外相の訪日も調整されている。

韓国政府は積極的な「お悔やみ外交」を通じて日韓間のハイレベルな交流を開始しましたが、日韓関係を改善するまでには長い道のりがあるようです。

自民党が衆議院選挙で安倍首相に共感を示して地すべり勝利を収めたことで、違憲審査を進めることが期待されている。

「自衛隊憲法規定」と述べた憲法改正は、日韓関係にとって悪いニュースかもしれない。

また、政府は、日系企業の資産を現金化する前に、官民協議会を開いて強制労働被害者の意見を集め、解決策を模索する計画だ。

被害者側は日本の侵略者との直接交渉を望んでいるため、合意に達するのは難しいようです。

MBCニュースのソ・ヘヨンです。

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。