ユン・ジェギュン監督が選んだ「ヒーロー」のベスト3曲は?


[SBS 연예뉴스 | 김지혜 기자] 映画「ヒーロー」を代表する3曲をユン・ジェギュン監督が選んだ。

「英雄」は、1909年10月に伊藤博文を殺害し、日本の法廷で死刑を宣告された後、ハルビンで死亡した安重根が映画の準備をしていた最後の忘れられない年を描いています。

同名のミュージカル映画を原作としているだけに、原作の感動を蘇らせるOSTにも関心が集まった。 ミュージカルでアン・ジュングンを演じたチョン・ソンファの完璧な歌声はもちろん、新人俳優たちの歌唱力も映画の見どころだ。

映画を演出したユン・ジェギュン監督は、好きな曲として「ダンジ・アライアンス」「約束の日」「誰が罪人」を挙げた。

勇者


#一。 「ジャスト・アライアンス」:「ヒーロー」の強烈な始まり

創刊号の名シーンは、広大な雪原を背景に繰り広げられるアン・ジュングンと11人の同志の同盟シーン。 大韓帝国独立軍司令官アン・ジュングン(チョン・ソンファ)の「祖国の空の下で生きるその日のために、無数の同志が戦った」という言葉から始まる「団子同盟」他国の太陽の下、白樺の森に姿を消した。 彼は、将来の自国の独立への意志を記憶し、再確認する分離主義者の英雄的な決意で聴衆に深く共鳴します.

これに対し、視聴者からは「最初のシーンから涙が出る」、「ジョン・ソンファが全身で歌う歌にスリルとスリルが感じられる」などの好評が寄せられた。

勇者


#2。 「約束のあの日」 心から願う同志の合唱

2番目に有名なシーンは「約束の日」で、2000万人の韓国人の独立への切実な願いが声を一つにして響き渡った。 国の主犯を処罰する決断を下したアン・ジュングンと、かつての同志ウ・ドクスン(チョ・ジェユン)、独立軍の最高狙撃手チョ・ドソン(ペ・ジョンナム)、最年少隊員。独立軍のユ・ドンハ(イ・ヒョヌ)と、独立軍を守る同志のマ・ジンジュ(パク・ジンジュ)。 イベント前の震えに満ちた声から始まり、感動的なメロディーを完成させた。

特に、彼らが一斉に歌うシーン「私たちの叫び、世界はそれを聞くでしょう。 国民の叫び、熱烈な情熱、愛する国のために」は、悲痛な相乗効果を発散し、国のために犠牲を惜しまなかった多くの独立闘士に敬意を表しています。

勇者


#3。 「犯人は誰だ」:日本帝国主義の残虐行為は知られている

3号のシーンは「犯人は誰だ」のシーンで、安重根の得意とする日本の宮廷への思いが込められている。 死後、日本の法廷に立つアン・ジュングンは、厳しい雰囲気の中で「犯人は誰だ」という歌詞を通じて、祖国の独立に対する信念と日本帝国主義の残虐行為をはっきりと表わし、聴衆に強い喜びを与えた。

ウ・ドクスン、チョ・ドソン、ユ・ドンハがアン・ジュングンと法廷に立って「犯人は誰?」と問いかけ、法廷聴衆の外にいる常人の叫び声に加わり、大韓民国の市民。

ebada@sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です