ポケモンパンとは? 日本で検索して検索した消費者

[이데일리 남궁민관 기자] 切実に不足している「ポケモンパン」を求める消費者は、日本の直接購入市場にも目を向けています。 SPC Samlipの商品を見つけるのは簡単ではないので、日本のパン屋の第一パンで作られたポケモンパンを手に入れようとしている「直接購入者」さえいるようです。 他の全国小売店も様々なポケモン関連商品を紹介しているので、これはポケモンブームです。

▲日本のパン屋第一パンのウェブサイトに掲載されているさまざまなポケモンパン(写真=第一パンのウェブサイトからのキャプチャ)

18の業界によると、日本のポケモンパンを売買する売り手(売り手)が韓国の主要なeコマースサイトに次々と現れています。 この商品は、Gmarket、11st Street、WeMakeupなどのeコマースサイトで簡単に見つけることができ、日本のパン屋である第一パンが製造するポケモンパンであり、SPCSamlipが製造する「リターンポケモンパン」と非常によく似ています。韓国では製品を形作ります。

日本では、1個あたり約140円(約1400ウォン)で販売されており、SPCサンリップポケモンパンの1個あたり1500ウォンとほぼ同じです。 SPCサンリップポケモンパンの人気背景とされる「Tie-Bouti-Boo-Seal」に似たステッカー「DecoCharacterSeal」が入っています。 ポケモンは日本のアニメキャラクターであるため、日本のポケモンのパンのシールとデコのキャラクターの種類は、SPCサムリップのものよりも大きくなっています。 SPC Samlipは、1998年に発売されて今年再発売されたときに合計159種類のイカのアザラシを導入しましたが、日本のポケモンパンは1990年代後半から1,000種類以上の装飾的なキャラクターアザラシを導入したことが知られています。

SPCサムリップは日本のポケモンパンを比較したと言う人もいますが、SPCサムリップは「完全に別の製品であり、SPCサムリップはポケモンパンの前にチブチブシールを含むさまざまなキャラクターパンを紹介しました」と説明しました。

最近eコマースに登場した最近の日本でのポケモンパン購入の動きは、ポケモンパンSPCサムリップを入手できなかった消費者が喉の渇きを癒そうとする一時的な現象と解釈されています。 特に、日本のポケモンパンデコキャラクターシールは、SPCSamlipポケモンパンベルトシールと同じメーカーである全国的なステッカーメーカーであるFantasticsによって製造されました。

売り手がエメルカスに投稿した日本のポケモンパン製品を見ると、10種類で約5万ウォン、1個あたり約5千ウォン、さらに1万ウォンの送料がかかる。 販売者は、「製造日から3〜4日で、比較的短い貯蔵寿命(美味しく食べられる期間)の新鮮な商品です。受け取ることができます。この点で、eコマースです。店長は「食品医薬品安全省の基準で問題なく販売されていることがわかった」と説明した。

▲ロッテマートトイザらスが紹介した3種類のポケモンスナック(写真=ロッテマート)

国内の流通業界でもポケモン関連商品が増えています。 ロッテマートトイズ-ラスは14日から「3種類のポケモンスナック」を発売し、最近、SPCサムリップのポケモンパンの人気のニッチを目指し始めました。 スナックには合計50枚のランダムなポケモンステッカーが含まれています。

ロッテマートは、2020年2月以来、チョンニャンニ、スジモール、光峡、ゼータプレックスジャムシルなど、全国の主要なトイラス店に「ポケモンゾーン」を導入した最初の大型店となっています。 ポケモンゾーンは、「ポケモンカード」「モンコレシリーズ」のフィギュアや各種おもちゃ、ノベルティ、ゲームなど、ポケモン愛好家向けの商品を同時に見つけることができる専門店です。 ポケモンスナックは、2019年からポケモンコリアとの公式契約ですでに販売されています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。