ペロシのツアーは逆効果…亞諸国は米中紛争への関与を恐れている

ASEANは「一つの中国」を支持し、中国の軍事演習で「自制」を促す
中国とインドは常に沈黙している

ナンシー・ペロシ米下院議長の台湾訪問は、ジョー・バイデン政権の当初の意図とは逆の効果をもたらしたと、ブルームバーグ・ニュースが5月9日(現地時間)に報じた。

米国政府は、ペロシ大統領のシンガポール、マレーシア、台湾、韓国、日本への訪問を通じて、アジアに対する米国の強力かつ揺るぎない支持を伝えようとしてきたが、台湾の要因として米中対立に関する懸念のみが強調され、アジア諸国は免れた。

実際、中国は 2 日夜にペロシ大統領が台湾に到着した直後、台湾封じ込め軍事演習に参加し、台湾上空を通過する弾道ミサイルを発射するとともに、航空機や軍艦を動員して台湾海峡の中間線を無力化した。

台湾の領海を含む訓練海域を設定することで、有事の際に米国の入国を阻止する「地域拒否能力」を構築するための訓練にも力を入れている。

中国軍は4日正午から7日正午までの公式訓練期間を公式訓練期間と宣言した。

これに対し、バイデン政権は空母ロナルド・レーガンと空母打撃群を台湾南部のフィリピン海で待機させたが、ペースは調整された。

台湾軍も、中国軍の実弾射撃訓練に応じないことで自制を示している。

しかし、ピークの状況は続いたとブルームバーグは指摘した。

彼は、中国の軍事演習は、いつでも台湾を侵略し、世界の主要な海上貿易ルートである台湾海峡を封鎖する能力を実証したと述べた.

問題は近隣諸国の反応だ。

これに対し、日本とオーストラリアは先週のASEAN地域フォーラム(ARF)で米国と3カ国外相会談を行い、中国の軍事演習を非難したが、他のアジア諸国の立場は曖昧だった。

ブルームバーグによると、ASEAN(東南アジア諸国連合)は声明の中で、軍事演習の「最大限の自粛」を呼びかける一方で、「一つの中国」政策を支持すると述べた。

米国は一つの中国政策を支持しているため、米国と中国の共通点を見つけることに関心を持っているようです。

マレーシアの場合、駐中国特使がペロシ氏が台湾への敵意を煽っていると非難する声明を出したが、外相が出てきて、特使の発言は政府の公式見解ではないことを説明し、混乱を招いた。

ペロシ巡回の弊害?亞各国が恐れる

現在 ASEAN 議長国で親中派のカンボジアの外相は、緊張を引き起こした責任はペロシ氏にあると非難し、注目を集めている。

中国の支配を目的としたクワッド(米国、日本、オーストラリア、インドの安全保障諮問機関)のメンバーであるインドは、中国の軍事演習について常に沈黙を守り、注目を集めてきました。

シンガポールのビビアン・バラクリシュナン外相は、米国と中国の間の緊張が高まっているため「世界は危険な時期にある」と述べ、困難なアジア諸国の立場を表明した。

マレーシアの戦略国際問題研究所のシャリマン・ロックマン所長は、「米国と中国の間のどのような行動が次の危機を引き起こすかは不明だ」と述べた。

一方、韓国の尹錫烈(ユン・ソクヨル)大統領も休暇のためペロシ大統領との会談を避けたが、ブルームバーグはこれを、朴槿恵外相の中国訪問計画による意識的な決定と解釈した。

実際、日本を含むG7が台湾封じ込めのための軍事演習に懸念を示す声明を発表した際、中国は日中首脳会談をキャンセルした。

/ユンハプニュース

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。