プリズムは日本の衰退を続ける

日本を追い抜くのが早いですか、それとも台湾を先に捕まえるのが速いですか? 最近、市場は東アジア3カ国の経済パフォーマンスチャートに注目を集めています。 分析のほとんどは、日本の衰退と韓国(?)および台湾の台頭を比較しています。 結論はここにあります。 韓国が日本を追い抜く前に、台湾が韓国を追い抜くというのが一般的な見方です。

国際通貨基金(IMF)が発表した2022年の最新の統計によると、韓国の1人当たりGDPは34,994ドルで、台湾(36,051ドル)より1,000ドル以上少ないと予想されています。 これは2003年以来19年ぶりの逆転です。日本とのギャップ(39,243ドル)も3,000ドルに減少します。 台湾の経済研究所は、台湾の一人当たりの所得はすでに昨年の韓国を上回り、2027年までに日本をも超えるだろうと賭けている。

実際、「安い日本」と「悪い円(円安)」が同じコインの両面として報告されている日本の落ち込みは深刻です。 円が現在の水準にとどまると、日本の一人当たりGDPは今年必然的にマイナスに転じるでしょう。 日米の金利差がきっかけとなったものの、日本経済のファンダメンタルズは弱まり、「円=安全資産」の公式を裏付けた経常収支黒字は今年も終焉を迎える。 42年ぶり。

韓国も日本の停滞を利用する余裕がない。 第1四半期のGDPは前四半期比0.7%増(前年同期比3.1%増)でしたが、輸出のみ増加し、消費・投資はマイナス成長にとどまりました。 洪楠基(ホン・ナムキ)副首相兼財政部長官は、「予想を超える好調な成長を記録した」と祝福したが、市場評価は冷え込んでいる。 これは、文在寅政権の5年間の経済記録がマイナスに転じたが、ようやく輝かしいプラスに転じたことを指摘するための単なる政治調査だという反応だ。

一方、台湾経済は自信に満ちています。 台湾の産業生産高は先月、前年比2%以上増加し、26ヶ月連続の成長を続けました。 今年の第1四半期の成長率も、昨年の同時期と比較して4%近くに達するほど強力です。 昨年の成長率は6.28%で11年間で最高であり、2020年には3.11%を記録した。もちろん、韓国と台湾は絶対的な国富の点で日本から遠く離れている。 平均給与にはまだ「ギャップ」があります。

しかし、ダイナミズムは、数字で表されるマクロ指標よりも重要です。 日本経済が構造的に衰退しているという批判に反して、台湾からの経済ニュースはナショナリズムについての懸念を提起するのに十分明るいです。 二桁の賃金上昇にもかかわらず、人手不足があり、国内消費は活気を取り戻し、レストランの支出は史上最高になっています。

では、韓国はどこにあるのでしょうか。 一般的に、韓国が日本の「失われた20年」をコンパクトに追うという悲観的なシナリオが蔓延している。 日本よりも少子高齢化、潜在成長率の低下、国債など、過去20年間にゆっくりと進んだ日本の国力の衰退を追いかけているのは警告である。 危険なレベルに達しています。

より大きな危険は、教師がいるにもかかわらず、日本が間違った方向に進まないことです。 韓国銀行の新総裁であるイ・チャンヨン氏が2016年にIMFのアジア太平洋事務所を率いたとき、彼は「韓国のダイナミズムの欠如は成長率の鈍化よりも大きな問題である」と指摘した。政治的失敗により社会的コンセンサスが失われ、改革の課題はない」と述べた。しかし、文在寅の5年間を含め、韓国は投資などの国家競争力を高めるための成果を達成しなかった。将来の産業のためのインフラストラクチャーや労働と年金の改革で。彼らは金融をまくための短期処方に向かって急いでいました。

現在、尹錫淑政権の任期は10日で始まります。 もう躊躇すれば、韓国ならではのダイナミズムを救う最後のゴールデンアワーも見逃してしまいます。 台湾に追い抜かれることは事実になっています。 しかし、日本の失敗をはっきりと観察しながら追うことは嘲笑されざるを得ない。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。