ブリンカン:「北朝鮮は主要な核拡散の脅威だ」…世界中の国々が「北朝鮮にCVIDの非核化を促している」

第 10 回 NPT 運用検討会議では、世界各国が北朝鮮の核計画を非難し、挑発行為を控えるよう求めました。 米国務長官は、北朝鮮が主要な核拡散の脅威として核実験の準備をしていると指摘した。 チョ・ウンジョン記者が報告する。

トニー・ブリンカン米国務長官は1日、ニューヨークの国連本部で開かれた核拡散防止条約(NPT)の第10回再検討会議で、核拡散防止条約(NPT)は世界をより安全にしましたが、現在、その圧力はますます高まっています。 彼は核開発の問題を正面から批判した。

[녹취: 토니 블링컨 미 국무장관] 「北朝鮮は、違法な核計画を拡大し続け、地域に対する執拗な挑発を続けている。 本日お会いした時、北朝鮮は7回目の核実験を実施する準備をしています。

「北朝鮮は違法な核計画を拡大し続けており、この地域で挑発を続けている」とブリンカンは述べた。

「今日お会いしたとき、北朝鮮は7回目の核実験の準備をしています。

彼はまた、イランが核のエスカレーションの瀬戸際にあり、共同包括的行動計画(JCPOA)に戻る合意を受け入れることを拒否していると指摘した.

同日、国連本部で開かれた別の記者会見で、ブリンカン長官は北朝鮮とイランを主要な核拡散の脅威として挙げた。

[녹취: 블링컨 장관] 「これはNPTにとって重要な瞬間です。 この体制のさまざまな部分が疑問視されているため、これも課題です。 そしてもちろん、イラン、北朝鮮、そして今ではさまざまな形でロシアによって提起された課題があるとき、特に不拡散の分野でそれが見られます。

「今は NPT にとって非常に重要な時期であり、NPT の多くの部分が課題に直面しているため困難な時期です」と Blincoln は述べました。

「特に不拡散の分野では、イランと北朝鮮が課題を提起しており、現在ロシアは別の方法でそれらに挑戦している」と彼は述べた。

したがって、ブリンカン長官は、米国は NPT 再検討会議の月に最善を尽くし、約 60 の代表団が NPT を強化するために世界中の国々と毎日関与すると述べた。

国際機関「朝鮮半島情勢は深刻な懸念」

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は開会式で、核のリスクは冷戦以来最高であり、各国は「終末」を迎える兵器の開発と備蓄に多額の資金を費やしていると語った。

[녹취: 안토니우 구테흐스 유엔 사무총장] 「現在、13,000 近くの核兵器が世界中の兵器庫に保管されています。 これらすべては、拡散のリスクが高まり、エスカレーションを防止するための安全策が弱まっているときに発生します。 そして、核のニュアンスを伴う危機が、中東と朝鮮半島から、ロシアのウクライナ侵攻や世界中の他の多くの要因へとエスカレートするとき。

アントニオ・グテーレスは、「世界中の兵器庫には、13,000 近くの核兵器があります。

「現在、核拡散の危機は深刻化しており、核危機のエスカレーションを防ぐための防御は弱体化しており、それに伴う危機は[l’utilisation]核のエスカレーションから、中東と朝鮮半島からロシアのウクライナ侵攻まで。 、” 彼が追加した。

「これまでのところ、私たちは非常に幸運でした」とグテーレス氏は語った.

国際原子力機関(IAEA)のラファエル・グロシ事務局長は、ロシアによるウクライナの原子力発電所占拠とイランの核交渉の不透明性を指摘し、「北朝鮮情勢も懸念している」と述べた。

[녹취: 라파엘 그로시 IAEA 사무총장] 「北朝鮮の状況も心配です。 そして、IAEA 査察官が 2009 年に追放されたこの国に戻ることができることを願っています。それがなければ、信頼はなくなります。

「IAEA は査察官が 2009 年に追放された北朝鮮に戻ることを望んでいる。さもなければ信頼はなくなるだろう」とグローシ事務局長は述べた。

各国が北​​朝鮮の7回目の核実験を警告…核兵器の廃棄を求める

日本の首相として初めて NPT 再検討会議に出席した岸田文夫首相は、ロシアによるウクライナからの侵略の中で、世界は核災害の深刻な恐怖を抱いていると述べた。

彼は、来年の広島でのG7サミットで、日本は核爆弾を繰り返さないという確固たる決意を世界に示すだろうと述べた。

彼はまた、7回目の核実験を準備している北朝鮮に警告メッセージを送った。

[녹취: 기시다 후미오 일본 총리] 「核実験の可能性が懸念されているが、日本は国際社会と連携して北朝鮮の核・ミサイル問題に対処する」と述べた。

岸田総理は「核実験の可能性が懸念される中、日本は国際社会と協力して北朝鮮の核・ミサイル問題に対処していく」と述べた。

韓国外務省のハム・サンウク多国間外交調整官は、北朝鮮は今年、前例のない頻度で弾道ミサイルを発射し、7回目の核実験の準備をしていると述べ、TNP加盟国にしっかりと対応するよう促した。

[녹취: 함상욱 한국 외교부 다자외교조정관] 「NPTの下で北朝鮮の核問題にどのように対処するかは、北朝鮮へのメッセージとして機能するだけでなく、NPT体制自体の存続可能性のリトマス試験紙となるでしょう。」

コーディネーターのハムは、「北朝鮮が提起した課題にNPTがどのように対応するかは、北朝鮮にメッセージを送るだけでなく、NPTシステムの成功をテストするための試金石としても役立つだろう.

「北朝鮮に対し、すべての挑発をやめ、国連安全保障理事会の決議を順守し、核拡散防止条約を完全に遵守し、完全で検証可能かつ不可逆的な非核化を行うよう求める」

彼はまた、対話の可能性が開かれたままであることを確認したいと述べた.

同日、北欧のアイスランド、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドを代表して、デンマークのゲッペ・コフォード外相は、朝鮮半島情勢が地域平和において中心的な役割を果たしていると述べ、北朝鮮の継続する核・ミサイル活動に深い懸念を表明した。 . ミサイル開発。 .

ドイツのアナレナ・フェルボック外相は、北朝鮮の核兵器計画はNPTに対する最も重大な違反であると述べ、朝鮮半島の完全で検証可能かつ不可逆的な非核化を求めた。

VOAニュースのチョ・ウンジョンです。

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。