パールアビス/ゲームユーザーがオフラインミーティングに熱心な理由

「VOAソウル」のイベントサイトでは、覚醒ドラカニアの予告編やバトル動画に登場するフライトスキルなど、派手なハイテクが登場するたびにユーザーが歓声を上げました。
コロナパンデミックで久しぶりにユーザーと直接会ったイベントなので、イベント終了の午後10時過ぎの午後11時まで、BlackDesertのリーダーたちがどのようにイベントにとどまっていたかが面白かったです。ユーザーを一人ずつ、彼らと話します。

パールアビスブラックデザートイベントVOAソウル/写真=パールアビス

VOA(Voice Of Adventurers)は、Pearl Abyssの代表作であるBlackDesertの経営陣が世界中のユーザーと出会い、彼らの声に耳を傾けるイベントです。 北米や日本などの国からのユーザーは、フィードバックを歓迎します。

コロナパンデミックにより一時中断されましたが、最近再開されました。 16日には「VOAソウル」イベントが開催されました。 韓国の前に、Pearl Abyssは今年、アメリカと日本のユーザーとの「VOA」ミーティングを開催しました。 特に、BlackDesertの経営陣がパブ(PUB)で北米のユーザーと自由な雰囲気の中でイベントを楽しんだのが特徴です。

パールアビスの関係者は、「ソウルでの今日のイベントは、100人のBlackDesertユーザーを招待した。ゲームについての意見を聞いたり、お互いに話を共有したり、BlackDesertに関連する思い出を共有したりする有意義な時間を過ごした」と語った。

BlackDesertのキム・ジェヒ監督も「2年ぶりのオフラインイベントなので、ユーザーとのコミュニケーションを中心に様々なプログラムを用意している。

特にこのイベントでは、今月27日に更新される「目覚めたドラカニア」技術が紹介されました。

覚醒ドラカニアは、4月に導入された新しいドラカニアクラスの覚醒バージョンであり、ドラゴンの翼を広げるというキャラクターコンセプトに従って実際に飛ぶことができるクラスです。 飛行スキルで有名なランの雲霧林が優雅な飛行である場合、パールアビスは、目覚めたドラカニアの飛行はより破壊的で攻撃的な飛行特性を持っていると説明しています。

パールアビスの関係者は、次のように述べています。 彼は続けて、「私たちはそれを広げられた翼のない私の形、広げられた翼のある灰色のドラゴンの形、そして灰色のドラゴンの形と呼んでいます」と付け加えました。

パールアビスブラックデザートVOA北米イベント/写真=パールアビス

一方、BlackDesertでは年に2回の大宴会を開催しています。夏に開催される「ハイデル宴会」と年末に開催される「カルフェオン宴会」です。

このイベントは、韓国での直行便の開始を記念して、2019年5月に開催された「ハイデルバンケット」から開催されました。 コロナパンデミック後、オンラインで世界中のユーザーに楽しんでもらえるイベントとして開催されました。

「VOAソウル」イベント終了後、9月にはBlackDesertのグローバルユーザーを対象とした「ハイデルバンケット」も開催されます。

2回の宴会に加えて、「meet&greet」はユーザーを直接招待するイベント、「Gumpang Man」はBlackDesertの公式YouTubeチャンネルを通じてユーザーと会うイベント、「GumPangMan」はユーザーが聞いてコミュニケーションできるイベントです。 ユーザーとリアルタイムで一晩オンラインで。 深夜の話」など。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です