パク・ジン 日本も韓国の努力に真摯に応えていきたいと思います。

「韓日関係改善に向けた両政府の意思確認…シャトル会談継続」
ある高官は、「和解と癒しの財団を再建することは考えていません…いくつかの計画が検討されています。

パク・ジン外相は20日、日帝強占期の強制動員被害者補償問題の解決に向けた韓国政府の努力に対し、日本政府として真摯に対応する考えを明らかにした。

訪日中の朴長官は「今回の訪問を通じて、日本側も韓国政府の努力に真摯に応えていきたいと感じた」と述べた。

彼は、「韓日関係を改善するための両国政府の意欲を確認した」と述べた.

朴槿恵大臣は「何よりも4年7カ月ぶりに韓日外相会談が行われたことは、日本側の真摯な対応だと思う。

韓日関係の変化のシグナルと見ることができる」と述べた。

彼は日本側に、韓国側が被害者や専門家から意見を集めるために官民の諮問機関を設立したと述べ、「日本側は私たちの努力に感謝した」と付け加えた.

ジン・パク "日本も韓国の努力に真摯に応えていきたいと思います。"(合成)

朴長官は、来月カンボジアで開かれるASEAN関連外相会合で日本の林芳正外相と会談する予定であり、韓日間の「シャトル対話」は継続すると述べた。

また、韓日首脳会談は、国連総会、ASEAN、G20、アジア太平洋経済理事会など、今年予定されている首脳会談を活用して「相互に都合のよい時期」に開催される見通しだ。 協力サミット(APEC)。 と付け加えた

外務省高官は、2015年に韓国と日本の間の慰安婦合意の一環として日本側から10億円(約94億ウォン)で設立された和解と癒しの財団を再設立することを検討するかどうか尋ねました. 、文在寅政権下で解散。 計画を検討している」と語った。

ジン・パク "日本も韓国の努力に真摯に応えていきたいと思います。"(合成)

「最も重要なことはコンセンサスの精神だ」と高官は語った。

犠牲者の尊厳と名誉を回復し、心の傷を癒すことが最も重要な内容なので、この精神をうまく使ってこの問題を解決していきます。

韓国が日本に要求する「誠実な対応」は、「被告企業の謝罪と補償手続きへの参加」と解釈できるかという質問には「詳しくは言わない。

私は(日本側に)、韓国国民の意見では、日本の側の誠実な措置が必要であり、そのような措置が講じられて初めて、この問題は友好的に解決できると述べた.

強制動員被害者補償問題の解決時期について、高官は「時期は決めていない。 「被害者が高齢化し、清算期限(日本企業資産の強制売却)が迫っているため、解決策を考えています。

/ユンハプニュース

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。