パク・ジンが18日と20日に初めて訪日…日韓関係を改善する機会があるかどうかに注意を払う

朝鮮外務大臣の4年7ヶ月ぶりの二国間訪問…日韓関係や強制労働などの朝鮮半島問題についての議論

朴金外相は18日と20日に就任して以来、初めて公式訪問する。

外務省は15日、「今回の訪問では、林芳正外相が日本の外相と会談し、日韓関係や韓国人などの相互利益について話し合う。半島問題。 。」

朴首相が就任して以来、林外相と会談するのは今回が初めて。

尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領の就任式に出席するために林外相が韓国を訪れた5月初め、彼らは会合を開いたが、当時は朴大臣が候補者だった。

朴首相は、訪日中、8日の選挙運動で射殺された安倍晋三前首相にも哀悼の意を表する。

岸田文雄首相を阻止する可能性もある。

朴首相の訪日は、日韓関係が酸っぱい関係を改善するためのターニングポイントになり得るかどうかを判断する上で重要な出来事になると期待されている。

韓国の外交部長官が二国間会合のために来日したのは、2017年12月の康京和大臣以来4年7ヶ月ぶりです。

それ以来、外相は2019年11月の多国間会合であるG20外相会議に出席するために訪日しましたが、日韓関係の悪化により、二国間訪問は行われていません。

特に、今回の訪日中に、日韓関係で最も深刻な問題である、日本占領期の強制労働の犠牲者への補償の問題がどのように扱われるのか興味があります。

日本は、強制労働の犠牲者の補償に関する2018年の韓国最高裁判所の判決を受けて、企業資産の現金化の問題を解決することによってのみ、日韓関係の改善に対応できることを示しました。

この点で、日本側は韓国側から強制労働補償の問題を解決するための努力がどのように行われているのかを聞こうとしているようだ。

官民協議会の運営を通じて強制労働補償の問題の解決を模索している韓国側も、現在の取り組みをある程度説明している可能性が高い。

安倍首相の死後、日本で勢いを増している憲法改正案について意見交換が行われるかどうかも興味深い。

これに対し、韓国は「平和憲法の基本精神を尊重しつつ、地域の平和と安定に貢献する形で関連する議論を行うべきだ」と述べた。

日本が過去の問題を進展させず、平和憲法の精神から一歩後退した場合、韓国、米国、日本の間の三国間安全保障協力の進展には必然的に限界があるだろう。 。

朴首相の訪日は当初先月の予定だったが、今月10日の参議院選挙に先立ち、日本の情勢を踏まえて議論は遅れた。

安倍首相の予期せぬ死後、再び影響を受けるのではないかとの憶測もあるが、予想通りのタイミングが確認されたようだ。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です