パクジン外相の18日と20日の初訪日…林外相との会談

岸田首相へのインタビューを求めて…強制労働補償と朝鮮半島問題についての議論
韓国の外相が4年7ヶ月ぶりに訪日…関係が改善するかどうか注意

韓国の朴振外交部長官は、18日と20日に就任して以来初めて公式訪問を行う。

外務省は15日、「今回の訪問では、林芳正外相が日韓外相と会談し、日韓関係や日中関係などの相互懸念事項について話し合う。朝鮮半島問題」

日本の外務省はまた、朴大臣の訪日スケジュールを確認し、朴大臣と林外相が18日に会合することを発表した。

ペアはまた、彼らが食事をし、未解決の問題について話し合う「ワーキングディナー」を行います。

朴外相との会談は就任以来初めて。

今年5月、尹錫淵(ユン・ソクヨル)大統領の就任式に林外相が訪韓した際、会談したが、当時は朴大臣が候補だった。

朴首相は、訪日中、今月8日に射殺された安倍晋三前首相にも哀悼の意を表する。

朴首相はまた、岸田文雄首相との会談を検討していると伝えられている。

朴大臣の訪日は、日韓関係を改善する機会を模索するための外交ルートとなるべきである。

韓国の康京和外相が二国間会合のために来日したのは、2017年12月の康京和外相以来4年7ヶ月ぶり。

2019年11月、外相は多国間会合であるG20外相会議に出席するために来日したが、日韓関係の悪化により、二国間外交訪問は長らく行われなかった。

パク・ジン外相が18-20日に初めて訪日…林外相と会談(総長)

特に、朴大臣が訪日した際に、韓日間の激しい対立であった日本の植民地時代の強制労働の犠牲者への補償の問題について行われる議論の種類に注意が払われている。

日本政府は、日本企業が犠牲者を補償すべきであるという韓国最高裁判所の判決は、1965年の日韓クレーム協定に違反していると主張しており、韓国側は、韓国の改善要請に対応できることを示した。 この問題を解決することによってのみ日本との関係。

日本政府は、この観点から韓国側がどのような解決策を提案するかについて関心を示している。

韓国政府は、被害者訴訟の代表者、支援グループ、学界、法と企業の専門家、元外交官が出席する官民評議会を組織することによって解決策を模索している。

一部の被害者は、官民の弁護士の不在を宣言しました。

パク・ジン外相が18-20日に初めて訪日…林外相と会談(総長)

朴大臣は、日本側からの一連の動きを説明する可能性が高い。

岸田首相が憲法改正案を早急に提案すると発表したことについて、韓国と日本の間で意見交換が行われるかどうかも興味深い。

韓国側は、「平和憲法の基本精神を守りながら、地域の平和と安定に貢献する形で、関連する議論を行うべきだ」との見解を表明した。

日本が植民地時代に作者に対して責任ある態度を示さず、戦争の放棄、権力の所有、権利の否定を規定する憲法第9条(平和憲法)から逸脱する動きを示した場合戦争が発生した場合、韓国、米国、日本の間の三国間安全保障協力の拡大が妨げられる可能性があります。

朴大臣は当初、先月訪日を予定していたが、衆議院選挙(7月10日投票)に先立ち、日本の政情により予定が遅れた。

今月8日の安倍首相の死去は日韓外交に影響を与える可能性があるとのコメントもあるが、予定通り訪日することを決めたようだ。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。