バイデン:「台湾の侵略への軍事介入」…中国に対応する日本の力を高める

◀アンカー▶

バイデン米大統領が訪日し、岸田首相と首脳会談を行った。

米国は、今回の韓国と日本への旅行が中国を支配することを意図していたことを秘密にしていない。

今日の記者会見で、あなたは中国に対して非常に挑発的な発言をしました。

東京特派員のヒョンジュンヒョンがオンラインです。

現在の特派員であるバイデン大統領は、米国が台湾の緊急事態に軍事的に介入すると述べたが、発言のレベルはかなり鈍い。

◀ジャーナリスト▶

はい、バイデン大統領と岸田首相は、中国の軍事的拡大に強く反対することに同意しました。

記者の質問に答える過程で軍事介入についての発言が出たので、聞いてみましょう。

[기자] 「あなたは台湾を守るために介入するつもりですか?
[조 바이든/미국 대통령] “はい。”
[기자] 「本当ですか?」
[조 바이든/미국 대통령] 「それが私たちの約束です。」

同様の発言が何年にもわたって何度も行われてきましたが、これは非常に強力で直接的でした。

波紋の高い発言が出たとき、米国のホワイトハウスは「台湾に対する政策に変更はない」と言ってすぐに進んだ。

しかし、この発言が中国に対してより明確なメッセージを送ったという分析もあり、台湾が中国を認識しているという明確な立場を明らかにしていなかった戦略的曖昧さの原則が取り下げられ、より厳しい態度に変わったと分析された。

◀アンカー▶

中国の拡大を防ぐために日本を発展させるというアメリカの戦略はしっかりしているようだ。

ちなみに、日本でとても大きなギフトボックスを開いたとおっしゃいましたか?

◀ジャーナリスト▶

はい、日本は、敵の基地に対する反撃能力を維持しながら、防衛予算を2倍にする防衛計画に対する米国の支持を得ることができました。

反撃能力を備えていることで、長距離ミサイルの開発が可能になります。

これは、中国と北朝鮮からの脅威に直面して、北東アジアにおける日本の役割のより積極的な調整につながる可能性があります。

さらに、日本もこのサミットの恩恵を受けました。

[기시다 후미오/일본 총리]
「バイデン大統領は、日本が常任理事国になることへの支持を表明した。」

日本はロシアがウクライナを侵略したことを批判し、ロシアが常任理事国になることを主張した。

今回、彼は米国の支持を得ました。

日本は、米国主導のIPEFとインド太平洋経済枠組みに積極的に参加し、明日から日本で組織される「クワッド」で主導的な役割を果たすことを決定した。

日本は、中国に対する新たな経済・安全保障諮問委員会で注目を集めています。

東京のMBCニュースのヨンジュンヒョンに会いましょう。

ビデオカバー:キム・ジョンホ(東京)/ビデオ編集:イ・ジョングン

MBCニュースは24時間あなたの報告を待っています。

▷Tel02-784-4000
▷メールmbcjebo@mbc.co.kr
▷カカオトーク@mbcレポート

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。