バイデンが日本に向けて出発、岸田文雄、IPFEが正式に発足

▲5月22日、京畿道烏山空軍基地で、ジョー・バイデン米大統領(左)と尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領が挨拶を交わした。
[비즈니스포스트] ジョー・バイデン米大統領は、韓米首脳会談を含む韓国でのすべてのプログラムを完了した後、日本に向けて出発し、クワッド首脳会談を含む残りのアジアツアーを継続する。

バイデン大統領は22日午後、京畿道平沢の烏山空軍基地から自家用機で日本に向けて出発した。

烏山空軍基地ツアーは、韓国のすべての主要な旅程を3日2泊で完了しました。

バイデン大統領と挨拶を交わした尹錫淑(ユン・ソクヨル)は烏山空軍基地を去った。 パク・ジン外相はバイデン大統領を公式に追放した。

バイデン大統領は、インド、オーストラリア、日本、米国の間の経済外交諮問グループであるクワッドサミットに出席するためにアジアをツアーしています。

彼が初めて韓国を訪れたと分析され、韓国と米国の間の軍事同盟と経済協力の重要性を強調した。

バイデン大統領は20日、韓国を訪問するとすぐに平沢にあるサムスン電子の半導体工場を訪問して現場を視察し、ユン大統領とサムスン電子の李在鎔副社長に会った。

21日には、ソウル国立墓地を訪問した後、韓米首脳会談が行われ、韓米共同声明と記者会見が発表された。

同日、龍山区で開催されたウェルカムディナーに出席し、国内4大グループの代表を含む企業関係者と会談し、22日には現代自動車グループの鄭義宣会長と投資について話し合った。予定。 アメリカでは。

大統領府は、首脳会談は前向きに評価され、自由民主主義に関するコンセンサスを共有し、同盟を再確認するための場が作られたと述べた。

両国が首脳会談で韓国と米国の共同声明を通じて包括的な経済と安全保障の協力を約束し、朝鮮半島の平和を構築するための努力を強化するための基礎を築いたという事実から、肯定的な評価が得られます。

バイデン大統領は北朝鮮のより厳しい政策を発表し、米国が北朝鮮の脅威に対抗するために核を含むあらゆる手段を動員できる可能性を示唆した。

一方で、北朝鮮の金正恩首相と直接会談する可能性もあると述べ、積極的に対話を進めていく意向を表明した。

ユン大統領が就任してから約10日後、韓米首脳会談の結果を得た。

しかし、外国特派員との記者会見で男女共同参画についての質問があったときなど、韓米首脳会談の結果とは関係のない騒ぎもあり、ユン大統領は困惑した態度を示したとして批判された。

ブリーフィングの中で、民主党は、ユン大統領が国際社会に対してジェンダー平等について恥ずべき認識を示し、ジェンダー平等への意志の欠如を隠す責任を回避したことを指摘した。

ユン大統領が韓国のクワッドへの参加に対して積極的な態度を示したが、米国政府が実際にそれを拒否したという事実も、日米首脳会談の結果の制限と見なされている。

バイデン大統領は23日午後、岸田文雄首相と首脳会談を行い、インド太平洋経済枠組み(IPFE)の発足宣言に参加する。

24日のクワッドサミットに出席した後、インドのナレンドラ・モディ首相と首脳会談を行い、米国に帰国する。 ジャーナリストのキム・ヨンウォン

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。