ネチズンは「パチンコ」「日本が韓国を植民地にした」の第1話に興奮している

Apple TV +の待望の「パチンコ」は、本日の公式リリースに先立ち、韓国の視聴者向けにYouTubeで最初のエピソードをリリースすることを決定し、昨日AppleのYouTubeチャンネルKoreaで最初のエピソードを視聴したネチズンは喜んでいます。

iMBCエンターテインメントニュース写真
iMBCエンターテインメントニュース写真
iMBCエンターテインメントニュース写真
iMBCエンターテインメントニュース写真

ネチズンはこのドラマの歴史的背景を作品のオープニング画面に字幕でとらえ、「こんなドラマなら見ないといけない」「そんなことは知らなかったけどすごい」と言った。 「全世界がこの字幕を見ているのではないですか? 「文化の力は本当に素晴らしいです。」「それはそのようなものでなければなりません!それが歴史的な文脈であるならば、それはそのようなものでなければなりません」と彼は驚きと興奮で言いました。

「1910年、日本は帝国を拡大し、韓国に植民地化した。日本の統治下で、多くの韓国人は生計を失い、故郷を離れ、外国に移住した。それにもかかわらず、韓国人は頑張った。家族は頑張った。ここに家族がいる。それは何世代にもわたって耐えてきました。」

「パチンコ」シリーズは、日本が韓国を侵略し、あらゆる種類の迫害に苦しんだ1900年代に、苦労して稼いだ娘「ソンザ」が時間と国を超えてどのように育ったかを物語っています。 彼らの選択の結果、故郷を離れて日本に定住した「ソンジャ」の子孫が過去の歴史に影響されているにもかかわらず生き残った人々にとって、「故郷」とはどういう意味ですか。 受け取り、生きる方法。 多くのネチズンは、ドキュメンタリーよりも強烈で衝撃的な「パチンコ」シリーズの内容に驚いています。

「イ・ミンホは日本人ファンが少ない?作品の選び方がすごい」から「作品の素材は冗談じゃない。外国メディアが傑作だと言ったのには理由があった」という話から。 「パチンコ」の背景や素材についてウェブ上で議論があり、さまざまなストーリーが繰り広げられています。

このシリーズは、1.5世代の韓国系アメリカ人移民であるイ・ミンジンの小説「パチンコ」に基づいており、小説「パチンコ」は米国の「ブック・オブ・ザ・イヤー」にノミネートされ、アメリカ合衆国、イギリス、オーストラリア、アイルランド、トルコ、ポーランド。 在日(韓国人または日本に住む韓国人を指す用語)は広く普及しています。

エピソード1、2、および3は、今日Apple TV +を介してストリーミングされており、YouTubeで無料で視聴できるのはエピソード1のみです。

iMBCキム・ギョンヒ| 提供された写真とAppleTV+のスクリーンショット

※本コンテンツは著作権法により保護されておりますので、複製、複製、配布等を行っております。 無許可は禁止されています。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です