ネイバー チェ・スヨン代表「5年で10億ユーザー、15兆売上」

ネイバーのチェ・スヨン代表は、5年以内に全世界で10億人のユーザーを確保し、15兆ウォンの売上を上げる計画を立てた。 また、同社は海外売上比率を現在の40%から数年以内に50%に引き上げる計画を立てている。

ネイバーは13日、城南市盆唐区第2庁舎1784号室で「ネイバーミートアップ」イベントを開催して発表した。 このイベントには、チェ・スヨン代表とキム・ナムソン最高財務責任者(CFO)が出席しました。

ネイバーのチェ・スヨン代表(右)とキム・ナムソン最高財務責任者(CFO)が17日、京畿道城南市盆唐区のネイバー第2オフィスビル1784で開催された「ネイバーミートアップ」イベントで記者団の質問に答えている/写真=ネイバー提供

3.0 の世界に入ります… 新しいビジネス エコシステムを作成します

チェ代表は「ネイバーは現在、さまざまな事業ポートフォリオ、技術リーダーシップ、国内外のパートナーシップの相乗効果を通じて「複数の」成長を生み出すグローバル3.0フェーズに入っている. 彼は「単一の企業ではなく、さまざまな企業やパートナーとのコラボレーションを通じて成長しているチームネイバーは、韓国だけでなく、日本、北米、ヨーロッパで新しいグローバルビジネスエコシステムを作成するだろう」と述べた.

Global 1.0 とは、最初から 10 年間の挑戦の末、Line という成功事例が世界の舞台で生み出された段階を指します。 当時(2013年)のオフライン売上高は約1兆8500億ウォン。

2.0の段階では、Snow、ZEPETO、Webtoonなどのバーティカルサービスがグローバルに展開し、日本ではLINEやヤフージャパンを運営するZホールディングスとの経営統合、北米でのWhatpadの買収、北米でのAI研究所からの買収など、欧州、現地スタートアップへの投資など当社は、グローバル パートナーと共にグローバル ポートフォリオを構築しています。

グローバル3.0段階では、チームネイバーが構築した独自のビジネスモデルを日本、北米、ヨーロッパに最適化された形で適用し、これを可能にしたネイバー独自の先進技術で競争力を高め、グローバル成長を加速させる計画だ。

日本、北米、欧州でのテリトリー拡大

今年はチームネイバーの全フィールドが日本に進出する。 韓国でその可能性を証明したエコシステム モデルは、Z ホールディングスの日本の中小企業 (SME) ビジネス エコシステムに移植されています。 また、Lineworks、Cloud、Clova などの企業間 (B2B) ビジネスや、基盤となるテクノロジーの拡張にも力を入れています。

北米ではウェブトゥーンを中心にコンテンツ事業を強化しています。 世界最大のウェブ小説プラットフォームであるWhatpadにより、同社はグローバルな知的財産(IP)バリューチェーンを拡大し、合併と買収(M&A)を積極的にサポートします。 Hiveと提携しているグローバルなファンダムプラットフォームであるWeverseは、今年、主に米国にサービスを拡大します。

また、機械学習、コンピューター ビジョン、自然言語処理などの人工知能 (AI) 技術のグローバルな競争力により、欧州市場でのパートナーシップを強化します。 また、ネイバーが構築したSMEエコシステムとコンテンツIPバリューチェーン構築ノウハウを欧州の商取引とコンテンツバーティカルに適用する。

バーティカル ゾーン メタバースも発表されました。 今年下半期のスポーツサービスへのコミュニティメタバースの適用を皮切りに、今後ウェブトゥーンやエンターテインメントでバーティカルメタバースを導入する予定です。

崔社長は、「メタバースの本質は、創業以来常に競争力のある「コミュニティ」サービスです。

「5年で売上15兆ウォン突破」

ネイバーは、このグローバル拡大戦略に基づいて、5年以内に10億人のグローバルユーザーに到達すると発表しました。 同社は売上高を昨年の6兆8176億ウォンから2026年までに15兆ウォンに増やす計画だ。海外売上高のシェアも数年以内に50%に増加する。

ネイバーのキム・ナムソン最高財務責任者は「ネイバーは過去20年間、3~5年ごとに売り上げを2倍に伸ばしてきた。 3つしかありません」と彼は言いました。

続けて「もちろんLINEという大きな成長エンジンはありましたが、LINEの売上を除けば、4~5年で売上が倍増し​​ていました。それが私たちの使命であり、達成できなければがっかりする使命だと思っています。 」

キム最高財務責任者も会談で、株価上昇への自信を表明した。 彼は「昨年の夏だけで時価総額が70兆ウォン程度だった。昨年の売上高が6~7兆ウォンだったとすると、時価総額は10~11倍程度だった」と話した。 150兆ウォンは目標ではなく、達成しなければならない現実だ」と語った。

カカオのライバルであるカカオのナム・グンフン社長が目標価格15万ウォンを設定し、それが達成されるまで最低賃金のみを受け取ることを約束したことについて、チェ氏は「約束をするかどうかは実際に考えた。 「半分以上の企業は、長期的な業績に焦点を当てるように設計しようとしています。株主を満足させる時価総額がない場合、彼らはそれが不安定になるように設計しようとします。」

2号館「1784」を初公開

ネイバーも同日、2つ目のオフィスビル「1784」を初公開した。 1784という名前はネイバーの2番目のオフィスビル(178-4)の住所から取られています。

崔社長は「1784年は産業革命が始まった年でもある」と説明した。 「産業革命が人々の日常生活を大きく変えたように、ネイバーを通じて人々の生活をもう一度変えたいという気持ちが込められた名前です。」 .

第2オフィスビルの「テックコンバージェンスビル」は、ネイバーラボ、ネイバークラウド、ネイバーワークス、Clova CIC、Glace CICが研究開発したさまざまな技術が融合したものです。

チェ代表は「これはチームネイバーの技術が集中する巨大な技術融合プラットフォームであるため、ネイバー内の多くの組織間の協力とさまざまな技術の実験と融合が続くだろう。これはそれを行うための新しいビジネスインキュベーターだ」と語った。言った。

彼は「ネイバーの競争力は、一緒に挑戦する最高の同僚と才能の集まりである「チームネイバー」に表現されている.挑戦は続くだろう」と語った.

崔社長は同日の会議で経営改革案についても言及した。 彼は次のように述べています。 」と彼は宣言した。

彼は続けて「外側から見ると、ネイバーは非常に革新的なIT企業かもしれませんが、内部的には20年の歴史を持つ会社であるため、文化を変えるには意志と努力が必要です。会社が成長するにつれて、私は多くのことを考えました.社員一人ひとりが成長を実感し、信頼の再構築に努めています。

Wakabayashi Ken

「フリーランスのコミュニケーター。筋金入りのウェブ開業医。起業家。全学生。ビール忍者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。