ネイバー第2四半期売上最高…2兆ウォンのコンテンツ成長

ソフトバンクとヤフーの経営統合によりLINEが連結決算から除外されるのは初めて。
チェ・スヨン代表「不況下でも業績は堅調…パートナーの負担を最小限に」

今年の第2四半期のネイバーの売上高は、四半期ベースで過去最高の2兆ウォンを超えました。

ネイバーは5日、連結ベースで今年第2四半期の営業収入(売上高)が24億5800万ウォンで、前年同期比23.0%増加したと報告した。

これは前四半期から 10.9% の増加です。

ネイバーの四半期営業収益が2兆ウォンを超えたのは、2020年第3四半期からラインがヤフーとの経営統合により連結利益集計から除外されて以来、初めてである。

ネイバーの営業利益は前年比0.2%増の3362億ウォン。

前四半期と比較すると、11.4%増加しました。

今回の営業利益は、聯合インフォマックスがまとめた市場予想3438億ウォンを2.2%下回った。

また、純利益は前年同期比70.7%減の1585億ウォンと推定された。

事業別の営業収益を見ると、検索プラットフォームで955億ウォン、コマースで4395億ウォン、フィンテックで2957億ウォン、コンテンツで3200億ウォン、クラウドなどで149億ウォンだった。

検索プラットフォームは、ディスプレイ広告の範囲の継続的な拡大と検索広告の品質の向上により、前年同期比 9.3%、前四半期比 6.5% の成長を遂げました。

ネイバーショッピングの取引量が着実に増加したおかげで、取引量は前年同期に比べて19.7%、前四半期に比べて5.5%増加した。

第2四半期のネイバーショッピングの取引額は10.3兆ウォンで、昨年同期より20.8%増加した。

フィンテックは、スマート ストアと大規模加盟店の追加により、外部決済が着実に成長しており、前年同期から 27.1%、前四半期から 7.6% 増加しています。

これに対し、ネイバーのチェ・スヨン代表は同日午前に開かれたカンファレンスコール(電話会議)で、スマートストアでの取引が昨年同期の16.9%から6兆6000億ウォンに達したと明らかにした。

第2四半期にネイバーペイの決済額は12兆ウォンを超え、昨年同期より32%増加した。

ネイバー第2四半期売上高…コンテンツ成長率2兆ウォンを初めて達成(計2回の報道)

コンテンツの場合、円安による為替差損があったが、eBook Japan、ローカス、ムンピアが新たにウェブトゥーン業界に統合されたことで、ウェブトゥーンの取引額は全体で113.8%増加した。前年同期比では 41.6%、前四半期比では 41.6% です。 .

このうち、ウェブトゥーンの総埋め込み取引額は465億ウォンを記録し、昨年同期より19.6%増加した。

ネイバー ウェブトゥーンのグローバル組み込みユーザー数は 1 億 8000 万人を超え、有料ユーザーの割合と月々の支払い額も着実に増加しています。

チェ・スヨン代表は「ウェブトゥーンの全ユーザーに占める有料ユーザーの割合は着実に増加しており、比較的成熟した市場である韓国では有料ユーザーの割合が26%を超えている」と述べた。 と予測した

彼は、特に米国と日本で新しい有料ウェブトゥーンユーザーの数が増加しており、ウェブトゥーンが収益化の段階に入っていると述べました。

1 か国あたりの平均月額ユーザー支払額は、韓国で約 9,000 ウォン、米国で約 13,000 ウォン、日本で約 35,000 ウォンです。

クラウド他、NH 農協、KB に続く IBK のクラウド変換事業の新規受注など、様々な業界での新規顧客獲得などにより、前年同期比 10.5% と前四半期比cloud) 13.9% 成長しました。

ネイバー第2四半期売上高…コンテンツ成長率2兆ウォンを初めて達成(計2回の報道)

チェ・スヨン代表は「世界経済の縮小にもかかわらず、ネイバーの第2四半期の収益は堅調だった」と語った。

彼は「検索、コマース、決済、ポイントのエコシステムに基づいて、事業者とパートナーが協力して負担を最小限に抑え、ネイバーの各コア事業分野で市場を超えた成長を達成するために最善を尽くす」と強調した。

さらに、日本事業に関しては、「eコマースの成長の大きな可能性を秘めた日本市場で重要な地位を確保するために最善を尽くします。 そのために最善を尽くす」と語った。 .

/ユンハプニュース

Oishi Nobuyuki

「邪悪なポップカルチャーの狂信者。極端なベーコンオタク。フード中毒者。思想家。流行に敏感な旅行オタク。コーヒーマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。