ネイバーとカカオは今年日本で対決します…市場の支配をつかむための「トータルパワー」

[사진=각 사]

ネイバーとカカオは今年、日本市場で競います。 確かに、両社は海外で事業を拡大するための拠点として日本を利用してきました。 日本を皮切りに、両社のグローバルな戦場は徐々に拡大していくことが見込まれます。

13日、京畿道盆唐にあるネイバーの2番目のオフィスビルで開催された記者会見に、ネイバーのチェ・スヨンCEOとキム・ナムソンCFOがプレゼンターとして出席し、グローバルな事業計画と戦略を共有した。

同日、チェ・スヨン最高経営責任者(CEO)は、「韓国だけでなく、日本とヨーロッパで新たなグローバルビジネスエコシステムを構築し続ける計画だ。5年間の売上目標は15兆ウォンで、昨年の6.8の2倍以上に設定されている。そのうち、海外売上高に占める割合は40%から50%に増加しました。

ネイバーは、日本を踏み台として、北米および欧州市場への進出を計画しています。 メッセージングの「ライン」を中心に、日本のプラットフォームの基盤はすでに確立されているため、ビジネスの発展はそれほど困難ではありません。 特に今年は、先月正式に日本で発売された「マイスマートストア」コマースプラットフォームの実用化に注力していきます。 また、Zホールディングスは、国内の中小企業(SME)の成長を支援するプロジェクト「フラワー」をZホールディングスの中小企業に提供することで、Win-Winのエコシステムを拡大していく計画です。

ウェブトゥーンやウェブ小説などのコンテンツ分野も、ネイバーの主要な海外事業の1つです。 ネイバーの今年の目標は、昨年買収したカナダのウェブノベルプラットフォーム「ワットパッド」で、海外の知的財産(IP)の権利を多数確保することです。 欧州事業については、ネイバーのグローバル投資マネージャーであるヘジン・ヘジンと欧州事業開発担当のハン・ソンソクがサポートを開始します。

◆「日本のピッコマ」の最前線でのカカオの「BeyondKorea」戦略

日本はネイバーだけでなくカカオにとっても海外ビジネスの戦略的ハブと見なされています。 新CEOのナムグンフンが今後10年間のキーワードとして掲げた「BeyondKorea、BeyondMobile」を実現するのに最適な市場と評価されている。 日本の子会社であるカカオピッコマの漫画プラットフォームは、日本とフランスでのユーザーの人気のおかげで、昨年の漫画アプリの売上高で世界第1位にランクされました。

ピッコマは2016年4月に日本で初めて発売されました。2020年7月に初めて世界の漫画アプリ販売でトップの座を獲得し、以来その地位を維持しています。 特に、カカオは、成長は特に日本とヨーロッパで顕著であると説明しました。 データ分析プラットフォームDataAIの調査によると、昨年のコミックアプリ部門の消費者支出の伸びに最も貢献したのは日本で、1、7兆ウォンを記録し、欧米でのコミックアプリの使用時間の合計も増加しました。 大幅。

カカオの創設者であるキム・ボムスが最近会長を辞任し、日本のピッコマを先頭に海外市場をターゲットにすることを計画したのもこのような背景にある。 実際、ウェブトゥーンやウェブ小説などの代表的なIPには、将来の成長の無限の可能性があります。 創設者のキムは、カカオピッコマの常務取締役でありながら、カカオのグローバルビジネスの発展に大きな役割を果たします。


©「5つの言語でのグローバル経済日報」アジュー経済日報。 不正な複製および再配布は禁止されています

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です