デフレの国である日本では、インフレが打撃を受けています…100円ショップが姿を消しました

石油危機と30年の景気後退による急成長、円安への「直接的な影響」
100円ショップ→インフレで生き残れない300円ショップの変身

日本の「デフレの国」を象徴する小売業の一種である「100円ショップ」が危機に瀕している。

確かに、過去に米ドルと並んで代表的な安全資産と見なされていた円の価値が今年急激に下落したため、輸入価格は高騰した。

ダイソーなどの日本の100円ショップは、製造単価が安い海外に主力商品をアウトソーシングしている。

◇日本の不況で成長した100円ショップ…円安と物流難の影響を直接受けた
今年で50周年を迎える日本最大の100円ショップ「ダイソー」は、不況とともに成長してきた企業です。

1972年10月に矢野博丈が広島に設立したダイソーインダストリーズ

1977年12月、オイルショックをきっかけに経済危機が発生する中、店舗間販売で100円定価商品をはじめ、東京に営業所を開設し、2回目のオイル直後に1980年にオープンしました。 ショック。

1985年のプラザ合意による本格的な高円時代の到来とともに、ダイソーのビジネスモデルは軌道に乗りました。

円の購買力が高まるにつれ、中国や東南アジアから高品質の製品を低価格で輸入することが可能になります。

1996年には日本で300店舗を完成させ、2001年には海外市場に参入しました。

2020年現在、世界27カ国で600店舗以上を運営しています。

不況でポケットが軽くなった消費者に高品質な商品を低価格で提供するというダイソーのビジネスモデルは、日本の小売業界に大きな影響を与えました。

[이슈 In]

日本の調査会社「帝国データバンク」によると、ダイソーの大成功を経て、同様の小売店が次々と登場し、現在、日本には8,400円の100円ショップがあります。

できること、ワットとセリアは代表的な遅れです。

しかし、このような上昇を見せていた100円のブティックモデルは、今年大きな危機に直面しました。

円安に伴い、輸入価格が急騰した。

22日、東京の外国為替市場では、1ドル1ドルの為替レートが136円に上昇した。

円は24年ぶりの安値まで下落した。

米国の中央銀行である連邦準備制度(FRB)とは異なり、日本銀行(日銀)は、経済を刺激するために大規模な金融緩和を継続する立場にあるため、円安は止まらないようです。

日本の消費者物価指数も、原油高と円安により、2ヶ月連続で2%以上上昇しました。

日本総務省は24日、5月の消費者物価指数(生鮮食品を除く)が前年同月比2.1%上昇したと発表した。

2015年3月以来7年1ヶ月で最強の4月の上昇と同じ(2.2%)。

フィナンシャルタイムズ(FT)は、中国や東南アジアからのアウトソーシングで輸入品を固定価格で低価格で販売する100円ショップモデルが危機に瀕していると分析し、コロナ19と円現象。

DatabankDatabankのアナリストである飯島大輔氏はFTに対し、「利益が減少すると投資能力が低下するため、100円の固定価格で売上を伸ばすビジネスモデルは長期的な成長に大きな負担となる可能性がある」と語った。

◇日本での調達拡大と300円出店で生き残りをかけよう
日本経済新聞(日経)によると、ダイソーは4月に「第1の商店街」とされる東京・銀座に「スリーピー」と呼ばれる300円の店舗をオープンした。

当店で販売されている商品の約8割は300円です。

FTは、サプライチェーンの混乱と円安による100円ショップの困難を克服するための戦略の一環として、ダイソーが300円ショップを拡大しようとしていると報告した。

円高により海外アウトソーシングによる100円の輸入が困難になる中、品質を向上させた店舗数を増やし、加工品の価格を引き上げる計画。

ダイソーは今年、日本の店舗の40%を「スリーピー」に転換する計画だと日経は報じた。

FTによると、ダイソーは2023年2月までに国内外に520店舗を出店する計画であり、そのうち30%以上が300円である。

最近日本では、ダイソーが紹介する「Sleepy」、「Three Coin Shop」、「Asoko」など、さまざまなブランドの300円ショップが次々と登場しています。

[이슈 In]

主な商品の基本価格は300円なので100円ショップに比べるとかなり高いですが、費用対効果やデザイン性に優れた家庭用品を多く扱っているため、女性の消費者に大人気です。

デフレと円高を背景に爆発的に成長した100円ショップの時代は、円とインフレの影響で終焉を迎えているというアナリストもいる。

FTは、「円の「購買力」により、過去30年間、中国や東南アジアなどの海外市場でシェアを拡大​​してきた100円ショップは、円の弱さを露呈した。パンデミック、円安、ウクライナ戦争による貿易混乱」と指摘した。

危機に瀕している100円ショップのもう一つの生き残り戦略は、海外へのアウトソーシングの割合を減らし、日本の供給ラインを拡大することです。

現在、ダイソーの製品の約65%は海外から輸入されています。

ダイソーインダストリーズの矢野誠二最高経営責任者(CEO)はFTに対し、「2028年の開業を目指して、西日本に新しい生産工場を建設するために土地所有者と交渉している」と語った。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。