ティーウェイ航空は7月に東南アジアと日本への主要な国際線へのフライトを増やします



[서울=뉴시스]

[서울=뉴시스] レポーターのイ・ジェウン=T’wayAirは国際線を拡大しています。

ティーウェイ航空は15日、国際線のスケジュールを大幅に拡大し、7月から航空券の販売を開始したことを発表しました。

その結果、ティーウェイ航空は、夏季にお客様が頻繁に利用する東南アジア、日本、オセアニアなどの主要路線のフライト数を増やすために、乗務員のスケジュールの運用と維持などの準備を迅速に行っています。

まず、5月下旬にA330ジャンボジェット機で国内初のLCCサービスを運航していた仁川-シンガポール路線を週2便(水曜日と土曜日)から7月に増便する。 また、代表駅である仁川-バンコク線と仁川-ダナン線も7月1日から週2回から週7回(毎日)に変更されます。 。

また、仁川-カリボ航路は7月22日から週2回、7月22日から週7回(毎日)運行されます。 30日から運行する仁川・セブ航路も7月末から週4回から週7回(毎日)に延長される。

観光目的のグループツアーを可能にする日本への接続数も増加します。 7月8日から、仁川-成田(東京)と仁川-大阪の路線が週2回から週7回(毎日)に増加します。 大阪路線は、入国時にビザなしの入国が可能になれば、7月下旬からA330を導入することで、1日最大3往復(3日)に拡大する予定です。 仁川-福岡、仁川-札幌、仁川-沖縄のルートも継続的に増設され、再開されます。

コロナウイルスに続いて初飛行を開始したサイパンとグアムの路線も、7月末から週7日に増便する。 金浦-松山、仁川-高雄、仁川-香港の各路線は、下半期の9月から順次運行を再開する予定です。

さらに、商業需要のためのいくつかの中国のルートは引き続き運行されます。 仁川-ウランバートル-モンゴル航路は、7月に大型A330で新しいサービスを開始する予定です。

地方空港も国際線の増加を運航します。 5月末に大邱国際空港経由で大邱-ダナン航路の再運航を開始したティーウェイ航空は、7月末から毎日の便数を増やす。 大邱-バンコクルートは今月23日に発足し、7月末から毎日運行されます。 また、地方空港の活性化と乗客の快適性向上を主導し、大阪や福岡などの日本路線への再運航を拡大する予定です。

ティーウェイ航空の関係者は、「国際線の迅速な再開を通じて、コロナに飽きたお客様の旅行の利便性を高めるために最善を尽くします」と語った。 今後も準備を続けていきます。」

◎フレンドリーメディアニュースlje@newsis.com

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。