チャン・ヒョクとエルビスを倒した名探偵コナン…人気アニメアニメ公開準備

夏休み前にアニメが次々とリリース

名探偵コナンは「アクションマスター」のチャン・ヒョクと「ロックンロール」のエルビス・プレスリーを破った。

アニメーション「名探偵コナン:ハロウィーンの花嫁」は、今週公開された12本の映画の中で視聴者数で1位になりました。

夏休みの前に、有名な名探偵コナンや他のアニメーションが一般の人々を歓迎する準備ができています。

日本のアニメ史を「君の名は。」で書き直した新海誠監督。

◇「名探偵コナン」の定員は20万人。
16日の映画推進委員会の総合映画チケットネットワークによると、「名探偵コナン」の映画版は、13日の公開後3日間で92,836人の視聴者を魅了しました。

同日公開され、チャン・ヒョク主演のエルビス・プレスリーの伝記「エルビス」(28,231人)と「キラー:死ぬことができる子供」(22,785人)をはるかに上回った。

リリース日には、「トップガン:マーヴェリック」と「ソー:ラブアンドサンダー」に続いて、興行収入で3位にランクされました。

劇場版25作目となるこの作品は、アムロ・ドアの警察仲間との関係が悪かった史上最悪の自爆テロ犯が3年ぶりに再登場し、街を脅かす物語です。

12歳の傍観者の爆撃のように、幼い子供たちが両親に従うのはかなり難しい謎です。

大人の観客のほとんどは、最近100冊を超え、強い読者層を持つオリジナルコミックの人気によるものです。

業界では、劇場版の「名探偵コナン」の韓国では、少なくとも20万人の観客がいると推定されています。

声優を担当する声優のファンダムも難しい。

CGVによるチケット視聴率の分析では、20代の人々が48.7%、つまりほぼ半分を占め、10代の若者(15.6%)と40代の若者(15.1%)がそれに続きました。

一般的に、ポロロシリーズなどの若い視聴者向けのアニメーションは、30代と40代の幼児向けの予約率が最も高くなっています。

『名探偵コナン』のマーケティングを担当する李銀河監督は、「原作漫画が出てから30年近く経ちますが、観客は決して年をとらない。ファンベースは絶えず形成されています。」 孝行の場合もあります。

聴衆の70-80%が女性であることも特徴です。」

◇ミニオンズ、ポロロ、スーパードッグが観客を歓迎
名探偵コナンに加えて、長年にわたって人気が高まっているアニメキャラクターが新作で公開されています。

20日に発売される「ミニオンズ2」は、3人のミニオン銃士ケビン、スチュワート、ボブが誘拐されたミニボスの達人を探しに行くアドベンチャーストーリーです。

「ミニオンズ」はもともと「スーパーバッド」シリーズのスピンオフでしたが、最初の記事の成功のおかげで、独自のシリーズのフレームワークを確立しました。

2015年にリリースされた「ミニオンズ」は、韓国で262万人の視聴者を獲得しました。

28日には「ポー大統領」が画面に戻ります。

「ポロロのドラゴンキャッスルアドベンチャー」は、ポロロと彼の友人たちが、ドラゴンの城を取り戻すために邪悪な魔法使いに強力なドラゴンの心を失った小さな王アーサーと協力するファンタジーアクションアドベンチャーです。

6番目の劇場版であるポロロは、最近、富川国際ファンタスティック映画祭(BIFAN)の子供たちの審査員によって選ばれた「異世界の家族賞」を受賞しました。

DC膨張宇宙の英雄を救う「ダンダン」の​​英雄も大衆を待っています。

来月10日に発売される「DCリーグ・オブ・スーパーペット」は、スーパーマンなどのジャスティスリーグのヒーローを危険から救うためのスーパードッグクリプトと彼のスーパーペットの友達の物語です。

バットマン、ワンダーウーマン、アクアマンなどのDCヒーローがアニメキャラクターとして登場します。

ドウェイン・ジョンソンとキアヌ・リーブスがキャストされています。

◇新海誠が公開した新予告編
15日の早朝、アニメファンは大興奮。

確かに、「天気の子」の公開から3年後に新海誠監督の新作映画「すずめの戸締」の予告編。

『鈴目ロックダウン』は、全国で大惨事を引き起こす扉を閉ざす鈴目少女の解放と成長を描いたアドベンチャーストーリー。

予告編では、鈴目旅の中で繰り返される出会いと別れ、広大な草原と空など。 ユニークなエレガンスの視覚的な美しさで設計されています。

「巡回青年」「白猫」「小さな椅子」「扉の鍵」など、作品の主な素材への手がかりも含まれています。

「鈴目ロックダウン」は来年韓国で発売される予定です。

先にリリースされた1分43秒のエゴが注目を集めたのは、新海誠監督のファンダムのおかげです。

2017年にリリースされた「君の名は。」の累計視聴者数は379万人で、日本のアニメ史上1位です。

しかし、2019年の映画「天気の子」は、日本製品のボイコットにより反日感情が蔓延し、興行成績が73万と低かった時期に公開されました。

/yunhapニュース

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。