ソ・ジソプ、3年ぶりの日本ファンミーティングを成功…涙目で「ファンの愛を表現」


[SBS연예뉴스 | 강선애 기자] 俳優ソ・ジソブが約3年ぶりに日本でファンと会った。

ジソプは15日大阪、17日東京で開かれた「ドクターロワイエ」の日本ファンミーティングでファンとの思い出を作った.ということで、ファンとソ・ジソブにとっては意味が違った。 それは埋もれた出来事でした。

今回のファンミーティングでソ・ジソブは、最近行われたファンミーティングの様子や「Dr.ジェジュン」のビハインドストーリーなど、様々なコーナーを通じてファンに特別な喜びをプレゼントした。

そのため、ジソプはファンとの距離を縮めるイベントを開催し、大きな反響を呼んだ。 ドラマ「ドクター・ロワイエ」と「オックスゲーム」の映像クイズで俳優たちの心情を探る場面が繰り広げられ、ステージから降りてきてファンたちと目を合わせる特別なファンサービスで雰囲気を盛り上げた。 また、クイズに正解したファンは、ポラロイド写真とファンの携帯電話でセルフィーを撮る楽しさに感銘を受け、韓流スターの可能性を改めて感じました。

ソ・ジソブ


特に、今回のファンミーティングには「ドクターロイヤー」で3歳の胸部外科フェロー「チェ・ヨソプ」役でソ・ジソプと先輩後輩ケミを披露した俳優イ・スンウが登場した。スペシャルゲストとして注目を集めました。 ソ・ジソプはイ・スンウに「期待と常識がたくさんある俳優」と格別の愛情を示し、イ・スンウは「ゲームを作るのに多くのことを考えてくれた。 「ドクトル・ロワイエ」のセットで快適で、彼は常にセットにいました. 早く到着し、シナリオを手放さなかったディーンを見て、私は非常に感動しました. ディーンがセット撮影で与えた多くのアドバイス演技面でもとても良い勉強になりましたし、ソ・ジソブ先輩に限りなく近づきたいです。」 彼は温かい歓迎を受けました。

ファンミーティングを通じてファンとアイコンタクトを取り、惜しみない愛情を表わしたソ・ジソブは自分の名前が入ったブレスレットを作って選ばれたファンに贈り、ファンを感動させるだけでなく、公演を締めくくった。 , 「ファンの皆さんとまた一緒にいられます。こうしてできてとても幸せでした。元気でまたお会いできることを願っています。あなたの家族が幸せと幸運で満たされることを願っています。」

最後に、ソ・ジソブはファンミーティングの後、送別イベントを開催し、ファンとアイコンタクトを取り、1人ずつ挨拶し、ファンにプレゼントの瞬間を与え、愛を熱くした.

日本でのファンミーティングが成功した後、ソ・ジソブは現在、彼女の次の作品を検討しています。

[사진 제공 : 51K]

カン・ソンエ記者 sakang@sbs.co.kr

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です