ソ・ギョンドク、3.1節「日本に言い訳を」で旭日旗広告を指摘 [전문]

セクション 3.1 地下鉄駅の看板に掛かっている旭日旗を連想させる広告について、ソンシン女子大学のソ ギョンドク教授は、「日本が旭日旗を使用する言い訳をしているようなものだ」と指摘した。


ソ・ギョンドク教授は2日、自身のインスタグラムに「1日、『IZ*ONE』メンバー宮脇咲良の誕生日を記念する看板に、日本帝国主義を象徴する旭日旗の模様が刻まれている」と投稿した。

広告には、旭日旗の形をしたメッセージと、さくらの誕生日おめでとうというメッセージが含まれていました. ネチズンは「三一節に旭日旗を宣伝するのか」と批判した。 論争が大きくなるにつれて、ソウル交通公社は広告を発表しました。 発表は今月31日まで掲載されると報じられた。

瀬尾教授は「この広告は中国のファンが投稿したものとみられる。旭日旗が戦犯旗であることを知らなかった『歴史無知』による広告とみられる」と述べた。

彼はまた、「しかし、私たちの側も同じ過ちを犯した。三星駅とソウル交通公社の関係者がいくら意図的な広告を出したとしても、旭日旗は除外されるべきだった」と指摘した。

徐教授は、「韓国でこのようなことが二度と起こらないように、私たち全員が注意しなければならない.

「昨年、東京オリンピック組織委員会は、旭日旗が日本で広く使用されており、政治的宣伝のためではないため、禁止品目リストから品目を除外しました。旭日旗の歓声が現れたにもかかわらず、極右の団体が韓国選手村の住民の前で旭日旗を掲げて抗議したが、罰せられなかった。

最後に瀬尾教授は、「日本の旭日旗の歪曲に直面して、まず旭日旗の歴史的真実を理解し、さらには『旭日旗』が日本の国旗であるということを世界に知らせ続けなければならない」と指摘した。旭日=戦犯旗」。 ‘。” やりました。

[이하 서경덕 교수 인스타그램 글 전문이다.]

昨日、サムイルジョルでは、多くのネチズンがオンラインコミュニティで物議を醸す状況を報告しました.

それも同じでしたが、ソウルの三成駅の看板に大きな問題がありました。 日韓プロジェクトグループ「IZONE」の元メンバーである宮脇咲良さんの誕生日を記念した看板で、左下隅に日本帝国主義を象徴する旭日旗が刻まれていました。

この発表は中国のファンによって投稿されたものであることが判明しました。 広告は、旭日旗が戦犯旗であることを知らなかった「歴史無知」によるものとみられる。

しかし、私たちも間違っていました。 三星駅とソウル交通公社の関係者がどれだけ広告を審査したとしても、旭日旗は除外されるべきだった。

とにかく、多くの騒ぎの後、広告はダウンしました。 実際、三一節節の日にこのようなことが起こり、さらに論議を呼ぶしかなかった。

いずれにせよ、韓国でこのようなことが二度と起こらないようにする必要があります。 このようなことが再び起こった場合、それは日本側に旭日旗を使用する口実を与えるだけだからです.

昨年、東京オリンピック組織委員会は、旭日旗が日本で広く使用されており、政治的宣伝ではないことを理由に禁止項目から除外しました。

また、東京五輪の時の自転車ロードレースに旭日旗拍手が登場したにも関わらず、極右団体が韓国選手の住民の前で旭日旗を掲げて抗議を行ったにも関わらず、選手たちは’村、制裁は課されませんでした。

日本の旭日旗変形に直面して、まずは旭日旗の歴史的真実を理解し、さらに「旭日旗=戦犯旗」であることを常に世界に知らしめなければならない。

ペク・スンフン/写真提供=オンラインコミュニティ

Machida Katsumi

「典型的なゾンビ愛好家。一般的なツイッター狂信者。食品狂信者。ゲーマー。謝罪のないアナリスト。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。