ソンヒョン経済株式会社 「円外現象、日米金利差、財政収支の悪化…定着への懸念」

[이데일리 이윤화 기자] 120円を超えてドル高に転じた超円トラフは50年以上も長く続いているが、金融政策のスタンスの違いから、かなりの期間続く可能性があると分析されている。今後の米国と日本。 特に、人口減少や高齢化、円安現象の根幹をなす財政収支の悪化などにより、日本経済の基本的な体力が弱まる恐れがあり、重要な現象。

黒田東彦日本銀行総裁(写真=ロイター/聯合ニュース)

20日に発表された「最近の円安評価」によると、ソンヒョン経済研究所マクロ経済課長のチャン・グァンス氏は最近、円安の影響で円相場が上昇したと報じた。日米の金融政策の違いによる両国の金利格差の拡大と、日本の物価上昇が主な原因であり、現在のバランスの悪化が挙げられる。

報告書によると、円ドル相場は昨年1月6日の102.7円安から引き続き上昇(円安)しており、最近は大幅な下落傾向を示している。 19日、円ドル相場は127.2円を記録し、13日連続で上昇傾向を示した。 これは、米国が金本位制を廃止した1971年以来の最長期間です。 円高が1ドル120円を超える超弱化現象は、2000年から3回、最近まで4回発生している。

チャン・グァンス監督は、「ロシアがウクライナを侵略した後の国際金融市場の不安定な動きにもかかわらず、最も安全な資産の一つである円安が激化した」と説明した。

円安の最も直接的な原因は、日米間の長期金利(10年国債利回りに基づく)のスプレッドの拡大です。 円安の約5か月前の2020年7月(0.51パーセントポイント)から、日米の10年債利回りスプレッドが拡大し始め、最近では2パーセントポイントを超えた。 確かに、米国がインフレ(インフレ)に対応するためにこれまでになく急激に金融政策を引き下げ始めたにもかかわらず、日本は超低金利を維持しています。 日本の中央銀行である日本銀行(BOJ)は、国債の無制限購入の再開を発表することにより、金融緩和政策を継続しています。 日本経済は長い間デフレに苦しんでいますが、日銀は金融政策を通じて経済を刺激し続けることを示しています。

また、ウクライナ危機後の国際石油価格の高騰など、コモディティ価格の上昇による日本の財政収支の悪化も円安を後押しした。 日本の経常収支黒字は、原油などの国際商品価格の上昇により昨年下半期から減少し始め、今年1月には赤字に転じた。 2月に黒字を出したが、この黒字は前年同月の60%に過ぎなかった。 チャン氏は、「経常収支が悪化した2002年と2015年、日米の金利差が拡大した2007年に円安が発生した」と述べた。

円安には、輸出企業の価格競争力の向上による輸出量の増加や、円換算での輸出量の増加による企業利益の増加などのプラス面がある。 より大きい。

確かに、超円効果が長引くと、輸入価格の上昇や家計の購買力の低下による国内企業の業績悪化の悪影響は、輸入価格の上昇の影響よりも大きくなる可能性がある。 。

構造的な要因により、円安が解消される恐れもあります。 日本の人口の減少と高齢化、財政収支の悪化、新たな成長の工業化の遅れなど、日本経済の根本的な要因が働いている場合、円が重要な現象になる可能性を排除することは困難です。エリア。

しかし、最近の地政学的リスクの拡大にもかかわらず円安が進んだだけで、安全通貨としての地位を失ったことはわかりにくい。 世界の金融市場が不安定になり、日米の金利差が縮小すれば、円はある程度安全な通貨として機能するはずです。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。