セクション: 編集セクション: ニュース: ハンギョレ

写真データ” alt=”<ハンギョレ>写真データ” />

ファイル写真

[전명윤의 환상타파] チョン・ミョンユン | アジアの歴史と文化の探検家

国連の人口データによると、インドは 2023 年までに世界で最も人口の多い国として中国を追い抜くでしょう。 インド政府は、今年3月頃からインドが世界で最も人口の多い国になったことをすでに宣伝していますが、中国政府は依然として、台湾と香港の人口を合計するとはるかに大きいと主張しています. インドと中国の生殖年齢の女性 1 人あたりの出生率は、2010 年から 2020 年の間でそれぞれ 2.2 と 1.7 であり、かなり異なっています。 言い換えれば、中国が世界最大の人口をどれだけ維持したいと思っても、中国がこの地位を維持できるのは今から数か月だけです。 先月、日本の日刊紙は「出生率0.8の行き詰まり」という見出しで韓国の低い出生率を報じた。 ちょうど10~20年前、日本の出生率の低さを報道し、日本はもうすぐ滅亡するだろうと予測した韓国にとって、私は彼が家で一人で乗っているのを見たことがなかったので、記事を読んで非常に奇妙な気分でした隣に無礼。 出生率は、20 ~ 30 年間の活動人口に直接関係しています。 私たちの目には、インドと中国は、世界最大の人口の称号が非常に貴重なものをめぐって神経戦を開始したいと考えていますが、結局のところ、誰かが自分自身を得るために働き、税金を払わなければなりません.私たちが今享受している幸福は持続可能です。 私たちが誇るメディケアと国民年金は、労働力が支えられて初めて無謀な恩恵を受けることができます。 労働人口が減れば税金も減るから、国庫は穴を埋められない。 少し前に、私は大都市で開催された局所絶滅についての議論に出席しました。 地元の会場からソウルの外に聞こえた声は大きかった。 桜の順で大学が潰れるとは聞いていましたが、現地の大学関係者の現場の危機感を強く感じました。 新入生が入らないために学部を集約して閉鎖し、教授が地元の各高校を訪れて入試教授に学生の募集を依頼することは、今や地域の常識となっている。 大都市だけがその深刻さを感じていません。 算数的に調べてみましょう。 2021年生まれの人口は26,500人。この傾向が続けば、20年で521万人増加する。 今年に入ってから、死亡者数が出生数を上回り始めました。 人口はすでに減少傾向にあります。 可能性は低いですが、これから出生率が劇的に上昇したとしても、労働人口になるには少なくとも25年はかかるでしょう。 このままでは社会構造が崩壊してしまう。 いよいよ、先進国であることを誇りに思うのはあと数年。 国会予算庁の発表によると、2006年から16年間、政府が低出生力予算に費やした金額は200兆ウォン近い。 最近、年間 40 兆ウォンの支出にもかかわらず、出生率は 2017 年の 1.052 から 2021 年には 0.81 に低下しました。 韓国の人口減少は、気候問題よりも深刻かもしれません。 年金改革に関する新政府の声明は歓迎される。 人口絶滅の代替手段は見つかっていませんが、今後の災害に備えるという点で、私たちは難しい決断を下したと思います。 ただ、最近の入学論争の時代を見ていると、手榴弾のように政策をぶつけて説得の過程を経ずに陣営に放り込むスタイルなので、この能力で何とかできるか心配です。 この記事の準備中に誰かが言った。 「お金を使って政治を作っても意味がない、最近は同年代の男女が嫌がる。何かに出会ったら、結婚するか、子供を産まなければならない。私たちはお互いを嫌うのに忙しく、それを優先しなければならない」最初に何をすべきか。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。