セクション:編集セクション:ニュース:ハンギョレ

先月29日に初の海外ツアーを行ったユン・ソクヨル大統領は、マドリッドのイフェマコングレスセンターで開催された日米首脳会談で、ジョー・バイデン米大統領と岸田文雄首相と会談した。スペイン。 新着

[특파원 칼럼] リー・ボン・ヤング| ワシントン特派員

1か月前にスペインのマドリッドで開催されたNATOサミットに2人の東アジアの指導者が出席した。 尹錫淑(ユン・ソクヨル)大統領と岸田文雄首相。 岸田首相も直前にドイツで開催されたG7サミットに出席した。 昨年英国で開催された7つの主要な首脳会談では、「正会員」ではなかった文在寅大統領も出席するよう招待された。 北米とヨーロッパの組織であるNATOサミットは、アジア太平洋の4か国(AP4、韓国、日本、オーストラリア、ニュージーランド)を特別に招待しました。 オーストラリアとニュージーランドが白人が過半数を占めるイギリス連邦の国であることを考えると、韓国と日本のリーダーシップの「異質性」はより顕著です。 真っ白だった風景が変わりました。 続くサミットは、東アジア諸国の国力の向上を象徴しています。 日本は1970年代からすでに7つの主要国の加盟国であり、脱出(アジアを脱出し、西側と運命を分かち合うこと)を求めていた日本は、韓国に植民地化する前からある程度その目標を達成した。 しかし、太平洋戦争での敗北の陰で、国際的地位の完全な回復は遅れただけでした。 同様の状況にあったドイツも完全な再統合の危機に瀕しており、ロシアのウクライナ侵攻により再軍備の必要性が浮き彫りになった。 日本とドイツが元の状態に戻っている一方で、常に弱い国であった韓国の状態の改善が最も顕著です。 脱出ドア理論が示唆する日本の誹謗中傷と隣国(韓国と中国)を支配したいという願望を考えると、韓国も脱出参入の成功例であると言えます。 今では、西側と肩を並べて立っているところまで来ています。 「グローバルコリア」のスローガンは、私たちの耳に深く刻み込まれています。 「グローバル」という言葉は、安全保障同盟を「包括的で包括的な戦略的同盟」に変えるための5月の日米首脳会談の共同宣言に21回登場します。 この時点で、「世界韓国」と呼ばれる文脈を考慮する必要があります。 世界には、政治的、軍事的紛争や対立、経済的利己主義、貧困、気候危機、感染症など、考えて解決する必要のある多くの問題があります。 韓国はすでにビッグセブン諸国の延長であるG20に参加することで国際問題への関与を強化しています。 必要なときに援助を提供してきた私たちは、他の貧しい国々を助けるという道徳的責任も負っています。 しかし、軍事的役割を拡大することはまったく別の問題です。 19世紀から20世紀への移行の間に、西側の勢力は日本に「東部憲兵」というニックネームを与えました。 それは、中国との関係およびロシアの抑止における日本の役割に対する感謝の表明でした。 これに関連して、日英同盟も設立され、「カツラ・タフト覚書」が署名され、その下で日米はフィリピンと韓国に対する互いの支配を理解した。 日本は「東部憲兵」としての役割に不満を抱き、中国を支配して「東部司令官」になろうとしたが、連合国を含む西側との関係は崩壊した。 ユン大統領が出席したNATO首脳会合は、中国を新しい戦略的概念における「構造的挑戦」として最初に定義した。 中国だけでは対応が難しい米国は、「価値観を共有する」国々の団結を求めている。 韓国、米国、日本の間の軍事協力の強化はそのように考えることができます。 韓国人が中国の軍事力増強と挑発的な発言を懸念していることも事実である。 しかし、「グローバルコリア」が行き過ぎで米中紛争を助長したり、韓国を「東第二憲兵隊」に変えたりする可能性に注意しなければならない。 正面衝突については、朝鮮半島では側面を問わず多くの死者が出ている。 それはよく扱われることを誇りに思うものではありません。 難しいことですが、紛争解決の方向で「グローバルコリア」を機能させる方法を見つけなければなりません。 ebon@hani.co.kr

Koike Azumi

「無関心になりがちです。ビールの伝道者。不治のコーヒー好き。インターネットの専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。