スポーツ全般 : スポーツ : ニュース : ハンギョレ

スポーツ政策委員会内の民間専門家のエグゼクティブ・バイス・プレジデント
政策協議または調整が強調されているが、表面的である
ノマド的で、オープンマインドで、デューデリジェンス

学校スポーツの活性化に向けた小学校スポーツ指導者の集い。 新着

尹石烈(ユン・ソクヨル)政権の110の国家課題が3日に発表され、60点目でスポーツ関連政策は「すべての人にスポーツ、コンパクトなスポーツ福祉の実現」だ。 文化体育観光省が推進する「スポーツビジョン2030」の一環です。 韓国のスポーツ政策のパラダイムが、エリート中心から国民生活、スポーツ福祉、健康、個人中心にシフトしたのは時代の流れだ。 2月に施行されたスポーツ基本法は、国や地方自治体がスポーツ政策の確立と財源の増強に努めることを規定している。 スポーツクラブ法と選手保護法も今年下半期に施行される。 しかし、新しい法制度もその内容を満たさなければ意味がありません。 例えば、スポーツ基本法の下に設置された国家スポーツ政策委員会は非常に形式的である。 首相がスポーツ政策全般の議長を務めるとされ、文部科学省など14省庁の閣僚がメンバーとして参加する。 政策協議とか調整とかいうけど、文化体育観光部とか文部省の立場がそのまま浸透する。 政府が全国スポーツ政策委員会を組織する理由は、スポーツ行政が単純ではないからです。 例えば、「学生が運動する」という政治的目標を達成するためには、学校の運動部の活性化が何らかの形で入試に結びつかなければなりませんが、文部省は非常にセンシティブなのでコメントしません。 平日の大会をなくすのではなく、土日や祝日に出場させる「勉強する選手」に最低限の教育制度を適用することも、施設の不足や休息権、選手の自己決定権の面で問題がある。 主体が多様化し、問題が複雑化する現代社会において、従来の行政では解決策が見出せません。 民間部門の専門知識、アイデア、実用性、効率性は、オフィス管理とは異なります。 しばしば「協力」と訳されるガバナンスの強調は、国家が公有財産を独占できないことを示しています。 立ち上げが困難な国家スポーツ政策委員会に民間の専門家がいないことは、スポーツ行政の表面性を表している。 より高いレベルの省庁は、文化・スポーツ・観光省、教育省、福祉省の間のスポーツ政策の対立を調整することができるかもしれません。 解放以来、州は国家の威信を高めるという政治的目的を持って、プロスポーツに多額の投資を行ってきました。 アカデミーは、プレーヤーを生み出すための基礎として機能しました。 この過程で、スポーツが好きではなく、疎外された形で自分自身を認識したエリートアスリートは、パフォーマンスの結果です. これにはマイナス面もありますが、1日ですべてを変えるのは暴力でもあります。 政府が国家体育政策委員会を設置したのは、移行期の韓国スポーツが直面する課題が非常に大きいためだ。 行政や従来のルートでは解決できないので、まだ開拓されていない道を横断し、さまようには想像力が必要です。 そのような活発な水源の 1 つが民間セクターです。 政府が草の根のスポーツ政策を実施するためには、国家スポーツ政策委員会が民間の専門家に門戸を開く必要がある。 真摯な姿勢です。 キム・チャングム上席記者 kimck@hani.co.kr

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。