シャーマン副大臣は、「拡大抑止を含む日韓防衛コミットメントを再確認する」

ウェンディ・シャーマン国務副長官がソウルで韓国と日本の役人を採用・・三者会議では、北朝鮮問題と主要な国際問題について協力する方法について話し合った。 特に、北朝鮮の弾道ミサイル発射を非難し、韓国と日本に対する広範な抑止を含む米国の強力な防衛公約を再確認した。 特派員のチョ・ウンジョンによる報告。

ウェンディ・シャーマン国務次官は8日、ソウルで韓国のチョ・ヒョンドン第一副外相と日本の森武雄副外相と会談した。

会談後に発表された共同声明の中で、三国の副大臣は、北朝鮮のミサイル発射を満場一致で非難し、シャーマン次官補は、特に韓国と日本に対するアメリカの防衛コミットメントを確認した。

[공동성명] 「外務副大臣と副長官は、北朝鮮が繰り返し発砲した違法な弾道ミサイルを強く非難した。 彼らは5月27日の三国間共同閣僚声明の結果を再確認し、北朝鮮からの脅威に対抗するために三国間安全保障協力を進めることを約束した。 事務次官補は、拡大抑止を含む、大韓民国と日本の防衛に対する米国の揺るぎないコミットメントを再確認した。

共同声明の中で、三国の副大臣は、「北朝鮮による弾道ミサイルの繰り返しの違法な発射を強く非難し」、「米国、韓国の外相による5月27日の共同声明の結果を再確認した。北朝鮮からの脅威を阻止するために、日本と三国間の安全保障に協力した。 私たちは前進することを決意しています」と彼は言いました。

「シャーマン次官は、広範な抑止力を含む、韓国と日本に対する米国の強力な防衛コミットメントを再確認した」と彼は述べた。

[공동성명] 「副大臣と副長官は、北朝鮮に対し、関連するUNSC決議の下での義務を支持し、国際法に違反する行動を直ちに停止し、緊張を高め、地域を不安定にし、平和と世界の安全を危険にさらし、代わりに朝鮮半島。彼らは、真剣で持続的な対話への道が開かれたままであることを強調し、北朝鮮がCOVID-19と戦うための国際的な援助の申し出に積極的に対応することへの希望を表明しながら、北朝鮮に交渉を再開するよう促した。拉致問題の迅速な解決に到達する。

さらに、三副大臣は、「北朝鮮は、関連する国連安保理決議の下での義務を遵守し、国際法に違反し、緊張を高め、地域の不安定を引き起こし、国際の平和と安全を脅かすすべての活動を直ちに停止し、代わりに朝鮮半島の完全な非核化。私は彼らに会話に参加するよう促した。

「3人の副大臣は、真剣で永続的な対話への道はまだ開いていることを強調し、北朝鮮に交渉を再開するよう促し、新しいコロナウイルス感染への対応に対する国際社会の支援の申し出に積極的に対応することを望んでいる」と彼は述べた。 。 。

彼は、拉致被害者の問題を迅速に解決することの重要性を再確認したと付け加えた。

一方、シャーマン次官補も8日、韓国と日本の高官と一連の会合を開いた。

米国務省は、ウェンディ・シャーマン国務次官が8日、韓国の権寧世統一部大臣とキム・キウン副大臣とそれぞれ会談したと発表した。

[네드 프라이스 미 국무부 대변인] 「ウェンディ・シャーマン国務長官は、6月8日に韓国(韓国)の権寧世統一部長官とキム・キウン副統一部長官と別々に会談し、北朝鮮の弾道ミサイル発射をいくつかの国連安全保障理事会決議の違反として非難した。副長官は、朝鮮半島の完全な非核化を達成するために、米国、大韓民国、および日本の間の緊密な協力の重要性を強調した。

プライス氏はプレスリリースで、「北朝鮮の弾道ミサイル発射は、国連安保理決議の多くに違反し、地域に深刻な不安定さをもたらしていると非難した」と述べた。

「シャーマン副長官は、朝鮮半島の完全な非核化を達成するために、米国、韓国、日本の間の緊密な協力の重要性を強調した」と彼は言った。

[프라이스 대변인] 「副長官、大臣、副大臣はまた、北朝鮮でのCOVID-19の発生が北朝鮮の人々に与える影響について懸念を表明した。 シャーマン副長官は、南北協力の取り組みを含め、北朝鮮におけるCOVID-19の蔓延を防ぐための取り組みへの支持を表明した。

プライス氏は、「シャーマン次官の下で、クォン氏とキム副大臣は、新たなコロナウイルスの発生が北朝鮮の人々に与える影響について懸念を表明した」と述べた。 彼らはそれを防ぐための努力への支持を表明した。

シャーマン国務副長官も同日、ソウルで森武雄外務副大臣と個別の会談を行ったと国務省は述べた。

ウェンディ・シャーマン国務次官(左)が8日、韓国のソウルで森武雄副外相と会談する(シャーマン副次官ツイッター)
[프라이스 대변인] 「事務次官補と外務副大臣は、北朝鮮のミサイル発射を非難し、21世紀の最も差し迫った地域的および世界的課題に取り組む上での日米DRC三国協力の重要性を強調した。

プライス氏は声明のなかで、「シャーマン次官とモリー次官は北朝鮮のミサイル発射を非難している」と述べた。

[프라이스 대변인] 「シャーマン次官と森副外相は、包摂的で自由で開かれたインド太平洋を維持する上での日米同盟の永続的な重要性を強調した。外務次官と外務副大臣は、以下を含む日米経済協力の深化について話し合った。 7月の閣僚レベルの経済政策諮問委​​員会(EPCC)会合の計画と、ハイテクセクターにおけるサプライチェーンのレジリエンスを構築することの重要性。

さらに、シャーマン次官と森副大臣は、「包括的で自由で開かれたインド太平洋を守るために、日米同盟を継続することの重要性を強調した」と述べた。

さらに、シャーマン副大臣とモリー副大臣は、7月に開催される閣僚政策評議会(EPCC)でサプライチェーンのレジリエンスを構築することの重要性を含め、日米経済協力の深化についても話し合ったとプライス氏は述べた。

シャーマン次官補もツイッターでインタビューの詳細を共有した。

権寧世(クォン・ヨンセ)統一部長官とキム・ギウン(キム・ギウン)副相との生産的な会談で、「朝鮮半島の完全な非核化に対する共通の意志を確認した」と述べた。

「北朝鮮による弾道ミサイルの不法発射と北朝鮮が対話に参加する必要性について話し合った」と彼は言った。

「私たちはソウルで森副大臣と会い、インド太平洋の安全と経済的繁栄のための共通の目標について話し合った」と彼は言った。

シャーマン副大臣はツイッターで、韓国初のチョ・ヒョンドン副外相と森副外相とともに三国間外相評議会を開いたと発表した。

「私たちはソウルで非常に生産的な三者協議を行いました。私たちは安全と繁栄の地域的および国際的な問題について話し合いました」とシャーマンは言いました。

日韓副外相協議会は、三国が定期的に開催する会合であり、今回で10回目となる今回は、日本での開催が見込まれている。

尹錫淑(ユン・ソクヨル政権)が先月就任して以来、初めて韓国を訪問し、14日までフィリピン、ベトナム、ラオスを訪問する予定だ。

VOANewsのJoEun-jungです。

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です