サムスンの半導体スーパーギャップは過去のものです…マイクロン、YMTCなど。 あごの下

167おむつに次ぐ世界初の大量生産された232おむつ、ミクロン
韓国のメモリ半導体は困難な課題に直面しています
「技術格差が縮小したことは否めません」

サムスン第7世代176レイヤーSSDイメージ [사진=삼성전자 뉴스룸]

メモリ半導体のスーパーギャップの神話を書いた「K半導体」の地位は揺らいでいる。 アメリカのメモリ半導体企業であるMicronTechnologyは、ドリームテクノロジーと呼ばれる232層のNANDフラッシュメモリを世界で初めて大量生産することに成功しました。 マイクロンだけでなく、中国や日本企業も間もなく200層以上のNANDフラッシュメモリを量産すると発表した。

ミクロンは世界初の232層NANDを大量生産

業界筋によると、Micronは28日、176層に続く世界初の232層NANDを大量生産したことを最近発表しました。232層のデータ処理速度は50%速く、表面積は28%小さくなっています。レイヤー176。Micronはまた、今年の後半にこのテクノロジーを搭載したソリッドステートドライブ(SSD)を発売する計画を発表しました。

NANDは、電源がオフの場合でもデータを保存する不揮発性メモリ半導体です。 このフィールドでは、データを格納するセルレイヤーの数をレベルと呼びます。 176層NANDは、176セルがスタックされることを意味し、データストレージの量は、スタックできるセルの数によって決まります。

2013年、世界初のいわゆる「垂直(垂直)NAND」を開発し、垂直に積み重ねられた3次元空間に穴を開けて各層を接続した後、業界の技術指標は数の高さの指標になりました。

マイクロンは、世界初の232層NANDフラッシュを量産したことを発表しました。 [사진=마이크론 홈페이지]

マイクロンは、世界初の232層NANDフラッシュを量産したことを発表しました。 [사진=마이크론 홈페이지]

NANDスタッキング技術は、最下層と上層を1つのビーム(穴)にするシングルスタックと、ビームを2つに結合するダブルスタックに分けられます。 セルを結合する穴が少ないほど、データの損失が少ないため、シングルスタックはデュアルスタックよりも高度なテクノロジーと見なされます。

マイクロンによって導入された232層は、ダブルスタックテクノロジーを適用しています。 これは、MicronがSamsung Electronicsが利用できる唯一の100層(128層)NANDシングルスタックテクノロジーを確保したことを意味すると解釈されます。 マイクロンは、データストレージスペースの下のチップの周りに回路を配置することによって表面積を減らすために技術を適用しました。 Micronは、業界で最速の2.4ギガバイト(GB / s)の入出力(I / O)速度を実装することにより、人工知能(AI)やクラウドコンピューティングなどの高性能製品にレイヤー232がインストールされることを期待していました。

世界第3位のDRAMメーカーで第5位のメモリメーカーであるMicronは、

「1つ下の数字」と評価されました。 しかし、昨年は世界初の10ナノメートル(nm)クラスのDRAM(1a)と176層のNANDを初めて量産し、業界を驚かせました。 さらに、伝統的なメモリの大国である韓国の半導体が世界初の232層のタイトルを獲得したため、以前と同じではなくなったという危機感が高まっています。

WesternDigital-GioxiaアライアンスがYMTCに挑戦

もう1つのアメリカのメモリ半導体企業であるWesternDigitalは、5月にサンフランシスコで開催された投資家向けイベントで、最小単位面積の162層NANDを間もなくリリースし、200層以上の高層NANDを大量生産する予定であると発表しました。 2024年までに点滅します。

WesternDigitalとキオクシアが共同運営する三重県四日市工場の鳥瞰図 [사진=키옥시아]

WesternDigitalとキオクシアが共同運営する三重県四日市工場の鳥瞰図 [사진=키옥시아]

特にWesternDigitalは、三重県四日市市に世界最大のメモリ半導体工場を建設しており、日本のGioxiaに総額2,788億円(約2.6兆ウォン)を投資しています。 Gioxiaは、東芝が2017年にNAND事業を分離したときに作成され、世界で2番目に大きいNANDシェアを求めてSKハイニックスと戦っています。

両社はここで最新の3DNANDを生産する予定であるため、経済産業省はこの工場で最大929億円(約89.2億ウォン)を支援すると発表したので、日本政府の支援はまた、アクティブです。 両社が設立した工場は来年2月に出荷する予定です。

中国のメモリ半導体メーカーであるYMTCも、今年後半に232層の3DNANDを量産する計画を発表しました。 YMTCは、今年末までに計画していた192層NANDの量産を中止し、直接232層NANDの量産に移行する計画を改定した。 YMTCは5月に192層NANDフラッシュの試作品を顧客に納品し、性能試験を完了し、232層NAND技術の開発が最終段階に入ったことが知られています。

台湾の情報技術(IT)メディアであるDigiTimesは19日、「YMTCは当初生産されていた192層NANDではなく232層NANDに直接切り替えることを決定しました。今年中に大量生産される予定です。 「技術のギャップを埋めるための積極的な大量生産計画のようです。」 176層NANDの量産経験のないYMTCが192層から200層に移行することは不可能だと言う人もいますが、これをブラフととらえるべきではないと指摘する人もいます。

中国湖北省武漢にあるYMTCNANDフラッシュファブ [사진=YMTC]

中国湖北省武漢にあるYMTCNANDフラッシュファブ [사진=YMTC]

サムスンとSKハイニックスは200層以上のNANDフラッシュの量産時期を明らかにしていない

モバイルデバイスおよびサーバー向けの大容量NAND市場は、将来急速に成長すると予想されます。 先導的なのはDRAMとともにNANDを支配する韓国であり、遅れをとっている米国と日本がそれに続く。

200ミクロンを超えるNANDの登場により、国内の半導体企業の技術競争力の問題が注目されています。 サムスン電子(35.3%)やSKハイニックス(18%)、日本のキオクシア(18.9%)などの国営企業に次ぐ市場シェアで5位のマイクロンは、その先を行くセミピークドライバーを製造しており、メモリー。 半導体は懸念事項です

NANDスタッキング競争は64層で始まり、SamsungElectronicsが世界で初めて128層を大量生産した2019年まで続きました。 しかし、企業が技術開発に苦労するにつれて、徹底的なスタッキング競争はなくなりました。 その後、昨年末、マイクロンは世界初の176層NANDの量産を開始し、スタッキング競争が再開されました。 その後、200層以上のNAND、いわゆるドリームテクノロジーの量産に成功した企業に業界の注目が移り、Micronがタイトルを獲得した過去形から大きく変化しました。

ミクロンファブ [사진=마이크론]

ミクロンファブ [사진=마이크론]

サムスン電子とSKハイニックスは、200層以上のNANDフラッシュの量産の正確なタイミングを明らかにしなかった。 サムスン電子は、今年からマクロの不確実性が高いために毎年発表されているNANDなどのメモリ半導体の年間成長予測を明らかにしなかった。 また、NANDやDRAMなどの次世代半導体製品の開発や量産ロードマップなどの計画も惜しみません。 しかし、現在の雰囲気を踏まえると、来年上半期には232層NANDの量産を開始する予定です。

三星(サムスン)電子は、第1四半期決算発表時の電話会議(会議)で、メモリ半導体技術のリーダーシップを維持する戦略について、「難易度が上がるにつれて技術格差が縮まるのはごく自然な現象だ」と語った。 。 私はそうします」と彼は言い、彼の表現をコントロールした。

SKハイニックスのノ・ジョンウォン会長は、前日の決算発表でマイクロンについて尋ねられたとき、記憶産業を登山と比較した。 「登るときは人それぞれにリズムがあり、人でも速くなったり遅くなったりすることもあり、それぞれテンポや戦略が異なります」と語った。 競合他社からのニュースに揺られたくないという願望と解釈されます。

業界関係者は、「サムスン電子とSKハイニックスは依然として世界最高のメモリ企業だ」と語ったが、「技術格差が過去に比べて大幅に縮小したことは否定できない」と語った。

232層マイクロンNANDの発売 [사진=마이크론 홈페이지]

232層マイクロンNANDの発売 [사진=마이크론 홈페이지]

カン・ギョンジュ、Hankyung.comの記者qurasoha@hankyung.com

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。