クォン・スンジュの「アバターメッセンジャー」ニュー… 「ベーグル」10月日本発売










Metascale Bagel BI の XR メッセージング サービス。
Metascale Bagel BI の XR メッセージング サービス。

(ソウル=ニュース1)チョン・ウンジ記者=Wemadeのパートナーであるメタスケールは16日、開発中のXRメッセンジャーの「ベーグル」とBI(Brand Identity)サービスの名称を明らかにした。

Bagel は、メッセージング指向のメタバースを対象とした XR (eXtended Reality) サービスです。 「いつでも、どこでも、安全で楽しい会話や仲間とのふれあいを、もっと自分らしく」をコンセプトに開発されました。 ユーザーは、本当の自分につながる「アバター」を作成することで、友達とコミュニケーションを取ることができます。 顔やジェスチャーの認識技術を応用することで、自分だけの表情やジェスチャーを作ることができます。

Bagel は、ブロックチェーン技術に基づいた P&E (Play & Earn) モデルを導入する予定です。このモデルでは、より多くのユーザーとクリエイターがサービスを楽しむほど、より多くの利益が生み出されます。 統合は、WeMade のブロックチェーン メインネット「WEMIX3.0」でも行われます。

ベーグルは10月に日本で初めてサービスを開始します。 その前に、クローズド ベータ サービスが 9 月に初めて開始される予定です。

Metascale は、Prechal および Naver Design Center の所長、NHN Arts の CEO、Kakao IX の CEO、Kakao CIPO (Chief IP Officer) を歴任したクォン スンジョ氏によって設立されたスタートアップです。

大手国営IT企業で開発・業務を担当していた人材を中心にベーグルサービスをご用意しております。 昨年 8 月には Wemade からの出資を集めた。

Metascale のクォン・スンジョ CEO は、「ベーグルの形が、友人をメタバースにつなぐテレポート、メタバースへのゲートウェイ、ブラックホールを連想させるように、サービスに名前を付け、BI を設計しました。 柔軟で未来志向の、喜ばれるサービスを提供します。









Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。