オリンピック : スポーツ : ニュース : ハンギョレ

東京五輪男子団体戦の日韓銅メダル決定戦が6日、東京体育館で行われ、セカンドシングルスに出場したチャン・ウジンが張本智和に敗れて悔しがっている。 東京/聯合ニュース

銅メダル決定戦で韓国卓球が日本を破った。 イ・サンス(31・三星生命)、チョン・ヨンシク(29・未来アセット証券)、チャン・ウジン(26・未来アセット証券)の韓国卓球チームが男子団体で銅メダルを獲得した。 6日に東京体育館で行われた東京2020オリンピックのメダルマッチ(丹羽孝希、張本智和)が1-3で敗れた。 韓国はシングルス3回戦(チョン・ヨンシク)で優勝したが、ダブルス1回戦(イ・サンス-チョン・ヨンシク)で敗れ、シングルス2回戦(チャン・ウジン)、シングルス4回戦(チャン・ウジン)でメダルを獲得できなかった。 オリンピックの卓球団体戦は、ダブルス1試合とシングルス2~5試合で構成され、3試合勝ったチームが勝ちます。 「長老」イ・サンスとチョン・ヨンシクは、水谷丹羽ジョーと対戦して初戦を9-11で棄権し、次の試合も11-8で勝利して接戦を続けたが、第3戦と第4戦で1-0で敗れた。 1-3 列 (9:11/11:8/13:15/5:11) で第 1 ゲームを終了しました。 チャン・ウジンは2回戦で「卓球の天才」張本智和(18)と対戦し、健闘したが、1-3で敗れた(7分11秒/11分8秒/10分12秒/7分11秒)。 チャン・ウジンは、3対2で負けた後、流れを変えることができなかった。 シングルス第3戦に出場したチョン・ヨンシクは、丹羽光希との試合で1試合もあきらめずに3-0(11:3/11:8/11:7)で勝利し、反撃したが、シングルス第4戦は出場したチャン・ウジンが水谷に0-3で敗れて終了(12:14/9:11/8:11)。 卓球の男子団体戦ではリオ2016以降4位に終わった韓国だが、試合終了後は選手たちが互いに声援を送り合い、冷静な姿勢で結果を残した。 チョン・ヨンシクはイ・サンスに「先輩」「代表チームで友達のようだったが、ヒョンは私が最も尊敬する人だ。イ・サンスも「後輩」ヨンシクを慰めた。チョンは「今は悲しいけど、これからもっといいことがたくさんあるといいな」と話し、内洞中学校と富川中原高等学校を卒業した2人は、リオ2016大会から5年間一緒に活動してきました。今回の大会に初めて参加したチャン・ウジンは「実力はあるが、心理的要素や大胆さが欠けていたと思う。 チャン・ピルス特派員 feel@hani.co.kr

Kono Makoto

「ベーコン愛好家。筋金入りのツイッター愛好家。流行に敏感なポップカルチャーの専門家。学生。認定ビールマニア。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。