オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレ

横浜オリンピックの東京オリンピックの準決勝戦で、8回に日本との1塁をカバーできなかったウソクコウソクは無事。

それは2008年の北京オリンピックのようでした。韓国と日本の間の野球準決勝。 何か違うと負けても 大会の形式により、決勝での再戦の可能性それは、まだ「オリンピックチャンピオンの王者」である韓国と、野球を国旗​​とするホスト国の日本が戦い続けていたということでした。 そして、最後に笑った国は日本でした。 キム・ギョンムン監督率いる野球チームは、4日に横浜スタジアムで開催された東京オリンピックの野球準決勝戦で日本に2-5で敗れた。オリンピックの野球の4勝の記録も破られた。 韓国は5日の午後7時に敗者の復活を2回行った敗者の準決勝で米国と対戦し、勝てば決勝で日本と対戦する。 負けた場合は銅メダルゲームに出場し、7日正午にドミニカ共和国と銅メダルを争う。 2-2の引き分けで、韓国は最初の得点チャンスをつかんだ。 8回に2ランを放った金賢洙は、左サイドで2得点を挙げた。 しかし、代打の崔周煥がフライボールを地面に置いて2塁で引き抜いた。 日本も8日後半にチャンスをつかんだ。 近藤健介が1位から1位まで打ったフィールドのグラウンドボールはキルショットに結びつく可能性があったが、ウソクコは1位をカバーしている間にエラーを起こした。 結局、2対1のチャンスが続き、暴投、4回の意図的なスローとウォークで諦めた2試合のフルベースでナンバーワンの打者である山田哲人のブレースに見舞われた。 。 山田は、2019プレミア12決勝で韓国のスターターである梁玹種を撃墜し、決勝で3点本塁打を放ち、代表チームの境界でナンバーワンの選手となった。緊張した試合はすぐに2に変わった。 5、雰囲気は完全に日本に移りました。

キム・ヒョンスは、4日の横浜スタジアムでの東京オリンピック野球準決勝戦で、6回に1日と3日に2-2で引き分けたワンランタイムを記録した。横浜/ヨンハプニュース

キム・ヒョンスは、4日の横浜スタジアムでの東京オリンピック野球準決勝戦で、6回に1日と3日に2-2で引き分けたワンランタイムを記録した。横浜/ヨンハプニュース

日本のエースを攻撃することに成功

韓国での第5ラウンドまで、彼は日本のスターターである山本由伸に大いに殴打されました。 梁義智と呉在一が最初のセットで連続して打った後、得点の機会はありませんでした。 しかし、6回に山本と3回目の対戦をしたとき、0-2で引きずり、打者の見方が変わった。 パク・ヘミンの左キック​​と相手のミスにより、二塁手姜白虎が左からフォアハンドでパク・ヘミンをホームにコールした。 イ・ジョンフも連続安打を続けた。 山本は梁義智を排除した後、交代した。 キム・ヒョンスが1、3位の新投手岩崎優に強打したため、山本の失点は2ランに落ちた。 5⅓イニング、5ヒット、9三振、2ラン(1自責点)。 難攻不落とされた日本代表のエースを破ったのは6回戦。 韓国では、イ・ジョンフが4回で2安打、金賢洙が4回で2安打を放ったが、4打者の梁義智は4回の出場で4安打4三振と遅かった。

日本の横浜スタジアム4番地にある横浜スタジアムで行われた東京オリンピック準決勝野球の試合で、浅村栄斗が5回に日本と対戦して2塁でノックアウトした後、ヨンピョコは歓声を上げます。 横浜/聯合ニュース

日本の横浜スタジアム4番地にある横浜スタジアムで行われた東京オリンピック準決勝野球の試合で、浅村栄斗が5回に日本と対戦して2塁でノックアウトした後、ヨンピョコは歓声を上げます。 横浜/聯合ニュース

ヨンピョの激しい戦い、しかし…

サイドスロー投手のコ・ヨンピョ(KT)は、日本と対戦する前に、米国との対戦(7月31日)から3日間の休憩を取った。 彼が日米の前にスタートしたという事実は、彼がこの代表チームの真のエースの役割を果たしていることを意味します。 ゴーヨンピョは主な武器スイッチで大胆にボールを投げた。 3回後半、坂本勇人を2塁3塁で生け贄に捧げて1ランを放ち、5回後半、吉田正尚が1塁3塁でヒットしたが、可能な限り譲歩した。 5イニング、6ヒット、1ウォーク、7三振、2ラン。 彼は91球を投げた。 それは、世代交代を遂げている代表チームの確実なスターターとしての地位を確立した根拠でした。 コ・ヨンピョと車雨燦の後に登場したジョ・サンウも、1⅓イニングでスリリングな三振ピッチを披露した。 しかし、8回裏に出場したコ・ウソクが2-1 1、2で9打者甲斐拓也に与えた散歩は、負けの言い訳となった。

野球チームから提供されました。

野球チームから提供されました。

そんな中、その日、野球部は安山としてアーチェリー部から応援の言葉を込めたテグクギをプレゼントとして受け取り、掘り出し物まで歩いた。 金メダル4個のエネルギーで日韓戦に勝つ意志だったが、負けて光が薄れていった。 キム・ヤンヒ、スタッフレポーターwhizzer4@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。