オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレ

4日横浜スタジアムで開催された東京オリンピック準決勝での韓日試合。8回裏、1社1塁の状況で、投手の足コ・ウソク。日本の近藤健介がグラウンドボールを打ち、一塁を探して彷徨うと、ベースカバレッジに入った。 韓国は守備に失敗したため、最終的に3点を認めて試合に敗れた。 東京/聯合ニュース

金卿文監督率いる野球チームは、4日の夜に横浜スタジアムで開催された東京2020オリンピックの「優勝」準決勝で、日本に2-5で敗れた。彼らは準決勝で負け、チーム(またはアスリート)は銅メダルゲームに参加しました。 しかし、それは野球ではありません。 これは、ノックアウトステージ、リスポーンマッチ、勝者の準決勝、敗者の準決勝など、トーナメント独自の形式によるものです。 この方法により、韓国は準決勝を2回しかプレイしません。 韓国は5日午後7時に米国と「敗者」準決勝を戦う。米国は前日(4日)にドミニカ共和国と2回戦で3-1で勝利した。 韓国が米国との試合に勝った場合、決勝に進み、7日の午後7時に金メダルを獲得するために日本と再戦します。ただし、2回目のグループ戦のように再び米国に敗れた場合( 7月31日)、彼らは銅メダルゲームに押し戻され、ドミニカ共和国とメダルを競います。 一度負けたからといって、金メダルを獲得するチャンスを失うわけではありません。 2回続けて負けなければメダルを獲得できます。 日本は4連勝で決勝に進出しますが、ドミニカ共和国を除いて、韓国と米国はまだ決勝に出場するチャンスがあります。 なぜこの方法が導入されたのですか?


 ※画像をクリックすると拡大します。

※画像をクリックすると拡大します。

2008年の北京オリンピックから13年後に復活したこのイベントには6カ国しか参加しなかった。実際、東京オリンピック組織委員会は、主催者が指定したイベントの1つとして野球を選んだ際に参加できる選手の数を144人に制限した。国家。 決勝に参加した6か国は、2019プレミア12、コンチネンタル予選、グローバル予選から選ばれました。 グループステージ終了後、イスラエルとメキシコはノックアウトステージと敗者の復活のために荷物をまとめ、残りの4カ国は韓国、日本、米国、ドミニカ共和国です。 やや複雑な競争方法を採用したのは、参加国が少ないためですが、野球を「国旗」とする日本もメダルを獲得する戦術を持っています。オリンピックの金メダル。 日本はこれまでオリンピック野球に勝ったことがありません。 2024年のパリオリンピックで野球が再び公式スポーツから除外されたため、これが最後のオリンピック野球になる可能性があります。これは、オリンピック王位の最後の挑戦となる可能性があります。 第1回プレミア12トーナメント(2015年)でも、日本は王位に就くことを目指して、すべてのスケジュールを非常に有利に計画しました。 しかし、東京ドームでの日本との準決勝で韓国が劇的な9セット目のカムバックを獲得したとき、灰は粉々になりました。 結局、東京オリンピックで最後に笑う人は誰でも本当の勝者になるはずです。 キム・ヤンヒ、スタッフレポーターwhizzer4@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。