オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレ

チョン・スンギは、10日に中国の延慶国立スライディングセンターで開催された2022年北京冬季オリンピックの男子スケルトン第2ラウンドで精力的に走ります。北京/ヨンハプニュース

オリンピックに初めて出場したチョン・スンウォン(22歳、カトリック関東大学)は初日トップ10にランクインした。 平昌選手権チャンピオンのユン・ソンビン(江原道事務所27)は期待に応えられなかった。 チョン・スンギは、中国の延慶にある国立スライディングセンターで10日に最初のレースを終え、2022年の冬季オリンピック男子第1回および第2回スケルトンラウンドで25人の参加者のうち10位になりました(2:02.22)。 2018年平昌大会のトップに立ったアジア初の選手であるユンソンビンは12位(2:02.43)でフィニッシュし、初日に失望した。 彼らの記録は、その日の1回目と2回目のランで1位になったクリストファー・グロティエ(ドイツ、2:00.33)に1.89秒と2.10秒落ちました。 ただし、11日に行われる3ゲーム目と4ゲーム目ではリバースプレイが可能です。スケルトンメダルは1〜4期の合計得点で決まります。 チョン・スンギは初めてオリンピックシーンの新人です。 平昌大会ではメインステージに出場できず、コースをチェックするランナーとして活躍した。 しかし、過去4年間で、それはさらに増加し​​ました。 チョン・スンウォンは「私は稲妻選手だ」と自慢した。 前半はスンギ・ジョンが11位で1:01.18のタイムでシードされ、後半はクリーナーでプレーして1:01.04に出場した。 第2期終了後に放映されたインタビューで、彼は次のように述べています。 加速とトップセクションからの出口に多くのエラーがありました。 3ゲーム目か4ゲーム目でいい体型を見せたいです。

ユン・ソンビンは、10日に中国の延慶国立スライディングセンターで開催された2022年北京冬季オリンピックで男子スケルトンの第1ラウンドを終えた後に移動します。北京/ヨンハプニュース

ユン・ソンビンは、10日に中国の延慶国立スライディングセンターで開催された2022年北京冬季オリンピックで男子スケルトンの第1ラウンドを終えた後に移動します。北京/ヨンハプニュース

ディフェンディングチャンピオンのユン・ソンビンは、彼が不満だった記録を打ち立てた。 第1期は1:01.26で13位、第2期は1:01.17に順位を上げたが、トータルスコアで負けた。 試合後、ユン・ソンビンは「実際とは違って、たくさん道を渡った。 ミスが多かったのですが、最終日は上手くいきます。 ユン・ソンビンは、平昌大会で使用した「アイアンマン」の兜の代わりに黒の兜をかぶっていた。 それは、IOSがルールに違反したために使用を禁止したためです。 「IOSが承認しなかったので、私はそれを着ることができなかった」と彼は言った。 7〜8年間使っていたヘルメットを使っていなかったので、試合のようではありませんでした。 グロティエがリードし、アクセルジャンク(ドイツ)が2:01.03で2位、中国のイェンウェンガンが2:01.08で3位、ロシアのアレクサンドルトレチャコフ4が2:01.20でした。 キム・チャングム、シニアレポーターkimck@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です