オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレモバイル

ブラジルの男子バレーボールチームは、準々決勝で日本を破った後、祝います。 AP/東京聯合ニュース

オリンピック全体のランキングを見ると、米国と中国は依然としてトップの座を争っています。 しかし、それぞれのイベントを見ると、チームイベントの歴史で18個の金メダルのうち15個を獲得した「韓国のアーチェリー」など、圧倒的なスキルでオリンピックを支配している国があります。 ブラジルは、現在は機能していないソビエト連邦の空白を埋めた「バレーボールの大国」です。 1964年の東京オリンピックで男女の公式イベントとして開催されたバレーボールでは、これまでで最も多くのメダルを獲得し、合計10個のメダル(金5個、銀3個、銅2個)を獲得しました。 米国も10個のメダル(金3個、銀3個、銅4個)を獲得しましたが、金メダルの数はブラジルに続きました。 特に男子バレーボールでは、2004年のアテネオリンピック以来、メダルを逃していません。ブラジルの男子バレーボールチームも、このトーナメントの開始時に準決勝に到達しました。

先月31日に東京オリンピックスタジアムで開催された東京2020オリンピックの女子100m決勝で、ジャマイカのエレイン・トンプソンが10.61秒でフィニッシュラインを最初に通過した後、咆哮します。 トンプソンは1988年にソウルで故フローレンスグリフィスジョイナー(USA)が設定したオリンピック記録(10.62)を破り、女子100mオリンピックのタイトルを2回続けて獲得しました。 ユンハプニュース。

「スプリントパワー」であるジャマイカは、地球上で米国の要塞を揺るがしている国です。 人口約295万人のジャマイカは、2008年の北京オリンピックに「ウサインボルト」が登場して以来、陸上競技だけで10個以上のメダルを獲得しています。2008年の100m、200m、400mリレーでメダルを失ったことはありません。北京オリンピック、2012年ロンドン大会、2016年リオ大会。今年の女子100m大会では、ジャマイカが再び金、銀、銅を獲得し、スプリントで最強だったことを示しましたが、男子ではメダル獲得はありませんでした。ボルトが抜けた100mイベント。 体系的な教育システムを持つアスリートとしての成功は貧困からの脱出を意味するため、ジャマイカは陸上競技に強いです。 この大会の開催国である日本は、柔道のマスター国であるため、オリンピックで最も強い力を持っていました。 オリンピック史上最も柔道メダルを獲得した日本は、今回の1回のテストで12個のメダル(金9個、銀2個、銅1個)を獲得し、史上最高の記録を達成しました。 「すべてのイベントで金メダルを獲得する」という目標を達成しなかったものの、当初の目標を達成することはできず、詳細な15のイベントのうち12でメダルを獲得しました(男性7、女性7、混合1)。 2016年リオデジャネイロ大会では、男性アスリートもすべての体重カテゴリで7個のメダル(金2個、銀1個、銅4個)を獲得しました。

準々決勝でスペインを破った後、チームメイトとハイタッチするアメリカの男子バスケットボールチーム、ケビンデュラント。 AP/聯合ニュース。

NBAのスターで構成されたアメリカの男子バスケットボールチームは、負けることに慣れていないという点で圧倒的な才能を示しています。 男子バスケットボールチームは、1972年ミュンヘンオリンピック、1988年ソウルオリンピック、2004年アテネオリンピックを除くすべての大会で金メダルを獲得しました。このトーナメントでは、米国がグループステージのグループA開幕戦でフランス76-83を破りました。 2004年アテネオリンピックで準決勝に敗れた後、17年ぶりの敗北となったため、注目を集めました。1980年のモスクワオリンピックは、米国が男子バスケットボールと女子バスケットボールでメダルを獲得しなかった唯一のオリンピックでした。 当時、米国はソビエトのアフガニスタン侵攻に抗議するためにオリンピックに参加していませんでした。

中国の卓球選手、陳夢は、中国のシュニンサとの女子シングルス決勝で優勝した後、祝う。 AP/聯合ニュース

中国は卓球で最も強力な国です。 卓球が公式スポーツとなった1988年のソウル大会から2016年のリオ大会まで、中国は卓球で比類のない記録を維持し、合計32個のうち28個の金メダルを獲得しました。中国は5個のメダル(2個の金、 5つの特定のイベント(男子シングルス、男子および女子チーム、混合ダブルス)で行われるこの大会で3シルバー)。 男子と女子のシングルス決勝に出場した4チームはすべて中国出身でした。 混合ダブルスでは、日本が銀メダルを獲得しました。 中国は卓球の才能の輸出国でもあります。 このトーナメントに登録された161人の卓球選手のうち、20人は中国出身です。 フィジーもラグビーで無敵です。 ラグビーはリオ2016大会で92年後に公式スポーツとして復活し、フィジーは王位に就きました。 この大会では、凍った魚の貨物機を持って東京に入り、2年連続で優勝しました。 オセアニアの島国である人口90万人の小さな国、フィジーがそのようなラグビーの大国である理由は、彼らの体格とは何の関係もありません。 遺伝的に、彼は太い首と強い骨を持っていて、彼は強いです。 さらに、「ラグビー」は、一人当たりの国内総生産(GDP)がわずか6,220ドル(711万ウォン)の貧しい島国であるフィジーで成功するための近道です。 ラグビー選手は一般の人の10倍から100倍の収入があると言われています。 間違いなく、ジャマイカは陸上競技と同様の理由で大国になりました。 ジャーナリストJangPil-sufeel@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。