オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレモバイル

申在煥は、2日に有明体操競技場で開催された東京オリンピックの男子跳馬決勝で力強い飛躍を遂げました。東京/ヨンハプニュース

梁鶴善(29)は、2020年東京オリンピックで男子ボールトメダルを獲得することが期待されていた。9年。 しかし、予選(7月24日)では、予想とは異なる結果となりました。 新皇帝になることを夢見ている申在煥(23)は、予選に出場した選手の中で、第1シーズンと第2シーズンで平均14.866ポイントを獲得した。 彼は2020年にワールドカップで2回優勝しましたが、その勢いがオリンピックに引き継がれるかどうかは誰にもわかりませんでした。 対照的に、梁鶴善は第1ラウンドと第2ラウンドで平均14.366ポイントで決勝に出場できず、予選で9位に遅れをとった。 そして2日の夜、東京の有明体育館で最終ステージが開催されました。 8人中6人目となる申在煥は、前半3半半の空中着陸で難易度6.0の「米倉」の技を披露した。 着陸時にラインを歩くと0.1ポイント減りましたが、非常に難しいテクニックだったので、14.733ポイントを獲得しました。 第2期では、彼女は5.6の「Woman2」スキルを実行しました。このスキルは、空中で2回転半ねじれました。 「女子跳馬2」は、前日(1日)体操の女子跳馬で銅メダルを獲得したイェオ・セジョンの父、呂洪哲(ヨ・ホンチョル)教授のユニークな技だ。 申在煥は第2期に完璧な着陸を見せ、14.833点を獲得した。 申在煥は、第1シーズンと第2シーズンで平均14.783ポイントで中位にランクインし、残り2回の公演を待っていた。 2人の選手のうち、デニス・アブリャジン(ロシアオリンピック委員会)は第1ラウンドと第2ラウンドで申在煥と同じスコアを獲得しましたが、同点の場合、申在煥は競技規則に従って1になります。 1回戦と2回戦(申在煥14.833、アブリャジン14.800)で最高得点を記録した申在煥のトライアル難易度(6.0)が高かった。 結局、申在煥は見事に金メダルを獲得し、テグクギを体育館に飛ばした。 2012年ロンドンオリンピックの金メダリスト、梁鶴善以来、男子体操でメダルを獲得したのは9年ぶり。 これは、韓国体操で11回目のオリンピックメダルと2回目の金メダルです。 これにより、申在煥は呂洪哲と梁鶴善に続いて「まな板神」の血統を明確に続けた。

韓国の申在煥は、2日に日本の有明体操競技場で行われた男子跳馬決勝で金メダルを獲得した後、テグクギと祝う。東京/ヨンハプニュース

申在煥は11歳で体操を始めたが、ジャンプに夢中だった。 彼は「わずか4秒の短い短い時間で、4秒で短くそして激しく終わった」という魅力に魅了されました。 彼の周りの人々は他のスポーツのトレーニングを勧めましたが、彼は首を横に振った。 「この間、まな板でもっと練習しましょう」と思いました。 明らかに、1つの井戸だけが掘られました。 申在煥のアイドルは梁鶴善に他ならない。 私は大学時代からファンです。 「彼らがオリンピックの金メダルを獲得するのを見るのはとてもクールだったので、私はファンになりました。」その後、ヤン・ハクソンだけが続きました。彼が使用するテクニックも同じです。ハクソン・ヤンのものと同じです。どれだけのファンなのかがわかります。結局、オリンピックの金メダルを首にかけただけで、他の選手と同じように悪役でもあります。一度テクニックを使った後は、通常5分くらい休まなければなりませんでしたが。 30秒で再びトレッドミルを飛び越えたので、1日30回以上4秒の試合で打ち明け、ランキングポイントを1つずつ積み上げ、オリンピックに出場するためのチケットを獲得しました。そして、彼は今や世界で最高の「トーマスの神」であることを証明しました。キム・ヤンヒ、スタッフレポーターwhizzer4@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。