オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレ

4日午後7時の日本との野球試合
GoYoung-pyoとYamamotoが試合を開始します
オリンピックでの韓国と日本の4試合で4勝

東京オリンピックのノックアウトステージ第2戦が2日に横浜スタジアムで行われる韓国とイスラエルの野球チームの試合の前に、オリンピックチームのキム・ギョンムン監督と選手たちが国旗に敬意を表する。

「これらのオリンピックの本当の試合は日本との対戦です。」 キム・ソングン、現在福岡ソフトバンクホークスのコーチングアドバイザー。 キム監督の顧問は3日朝のハンギョレとの国際電話で、「参加6カ国の中で、投擲は日本で最も安定している。韓国の投擲チームは大会前ほど心配していなかった。方法を知ることは重要だ。日本との試合で投手を維持する」と述べた。さらに、「最初のポイントは決して奪われてはならない」と強調した。韓国は4日の午後7時に横浜スタジアムで日本との準決勝戦を行う。この試合に勝つと、すぐに決勝に進みます。負けても、第5戦で敗者の復活に立ち上がったチームを倒せば、決勝に進むことができます。日本は、開催された米国との試合に勝ちました。 9回裏の引き分け後、そして10回のペナルティシュートアウト後の2日の夜。韓国は金メダル以来、連続優勝を目指している。 2008年の北京オリンピック、そして日本は野球で初のオリンピック金メダルを目指しています。 そのため、日本は最もエリートなメンバーとしてこのトーナメントに参加しました。 韓国は前回のオリンピックで日本と対戦し、4試合すべてで優勝しています。 金メダルを獲得した北京オリンピックでは、準決勝で出場して優勝した。 スターターには韓国の拳銃ヨンピョ(KT)が選ばれた。 コ・ヨンピョは(7月31日)米国と対戦し、4⅔イニングで4安打(2本塁打)、6安打、4ランを許した。 3日間しか休まなかった韓国は、「1 + 1選択」作戦を開始すべきだ。 予想通り、日本のオリックス・バファローズのエース、山本由伸(23)が試合を開始します。 彼は今年の日本プロ野球(NPB)で9勝5敗と1.82ERAの記録を持っています。 トーナメント開幕戦(7月28日)では、ドミニカ共和国戦のスターターとしてスタートし、6イニングで2安打、1ウォーク、9三振を記録した。 その後、彼は6日間十分な休息を取りました。 キム・ソングン監督は「山本は今、日本一の投手だ。 速球は速いですが、チェンジボールのコントロールは良いです」と彼は言いました。 姜白虎(KT)やキム・ヒョンス(LG)などの代表チームの打者の打撃感がよみがえったのは心強い。 イスラエルとの試合では、キム・ヒョンスが本塁打(打率.444)を含めて3回のロングヒットで打撃感を示した。 1位を維持しているパク・ヘミン(サムスン)の出塁率は非常に良い(0.556)。 彼の打率は.429(打席14打数6安打)。 しかし、コロナの確定症例が発生したため、15日間の検疫期間を経たヤン・イウイジ(NC)の打率(打率.143、打数2安打14打数)が気になる。チームの19は、長い間続くでしょう。 一方、代表チームの代表は「実は(決勝で)メダルを使わずに日本に会いたかった。難しい試合が来るが、今は韓国のチーム雰囲気がいい。結局はいい」と語った。 、プレーヤーはそれをしなければなりません。キム・ヤンヒ、スタッフレポーターwhizzer4@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。