オリンピック:スポーツ:ニュース:ハンギョレモバイル

6日、東京五輪男子チーム大会での日韓銅メダルの試合が東京体育館で行われた。セカンドシングルに出場したチャン・ウジンは、ハリモトトモカズとの試合に敗れた後、悲しんでいる。 東京/聯合ニュース

韓国の卓球銅メダルの試合で、彼らはタフな日本の対戦相手に会い、負けました。 男子チームには、李サンス(31、三星生命保険)、鄭栄植(29、ミレー・アセット大宇)、チャン・ウジン(26、ミレー・アセット大宇)からなる韓国の卓球チームが出場した。 6日に東京体育館で開催された東京2020オリンピックでの銅メダルの試合。 丹羽孝希と張本智和)が1-3で敗れた。 韓国は3回目のシングルス(鄭栄植)を獲得したが、1回目のダブルス(イ・サンスジョン・ヨンシク)を失い、2回目のシングルス(チャン・ウジン)と4回目のシングルス(チャン・ウジン)はメダルを獲得しなかった。 オリンピックの卓球チームのイベントでは、ダブルスの試合が1回、シングルスの試合が2〜5回行われ、3試合に勝ったチームが勝ちます。 「長老」のイ・サンスとジョン・ヨンシクは水谷丹羽ジョーに会い、最初の試合を9-11で断念し、次の試合で11-8で勝利し、緊密な戦いを続けたが、3試合目と4試合目で負けた。 1-3(9:11/11:8/13:15/5:11)の行は最初のゲームを終了しました。 2試合目はダブルスでチャン・ウジンが「卓球の天才」張本智和(18)と出会って懸命に戦ったが、1-3(7:11/11:8/10:12/7:11)で負けた。 第3ゲームで第3ゲームから第2ゲームに敗れた後、ウジンチャンは流れを変えることができませんでした。 3南戦に出場したチョン・ウジンは丹羽孝希との試合で1試合も諦めず3-0(11:3/11:8/11:7)に追い抜かれたが、シングルスでのカムバックの舞台4.参加したチャン・ウジンが水谷に0-3(12:14/9:11/8:11)で敗れ、試合は終了した。 2016年リオデジャネイロ大会後、男子チーム卓球大会で韓国は4位に終わったが、試合後、選手たちはお互いに歓声を上げ、落ち着いた態度で結果を勝ち取った。 鄭栄植はイ・サンスに「先輩」と言った。「私は代表チームの友達のようだったが、ヒョンは私が最も尊敬している人物だ。イ・サンスも「後輩」のヨンシクを慰めた。鄭栄植は「今は悲しいが、将来はもっといいことがあるといいな」と語った。富川の鄭栄植中学校と鄭栄植高校を卒業後、リオ2016大会から5年間一緒に働いてきた。この大会に初めて出場した鄭栄植は、「私にはスキルはあるが、心理的要素や大胆さには欠けていたと思う。 ジャーナリストJangPil-sufeel@hani.co.kr

Noya Tadashi

「典型的な思想家。謝罪のないアルコール依存症。インターネット狂信者。ポップカルチャーの擁護者。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。