エスパー元国務長官「韓国は偉大な「クワッド」候補だ…技術力、経済力、安全保障能力を備えている

マーク・エスパー元米国国防長官は、米国、日本、オーストラリア、インドの安全保障諮問機関である「クワッド」を拡大する必要性を強調し、追加メンバーの適切な候補として再び韓国を選択しました。 韓国は技術力、経済力、安全保障力に優れているとのことでした。 イ・ジョウン記者が報告する。

マーク・エスパー元国防長官は、米国の非公式な安全保障諮問機関である「クワッド」、日本、オーストラリア、インドのメンバーを増やす問題について、「韓国も良い候補になるだろう」と述べています。

[녹취:에스퍼 전 장관] 「クワッドも拡大する必要があります…韓国も素晴らしい候補国になると思います。 技術力の塊です。 それは、世界でトップ 12 の経済の 1 つです。 それは戦略的に配置されており、彼らは驚くべき軍隊を持っています. クワッドへの良い追加になると思います。

トランプ政権下で2019年7月から2020年11月まで国防総省を率いたエスパー元国防長官は14日、ワシントンのシンクタンク、ブルッキングス研究所主催の会合で、クワッドを拡大することを明らかにした。

「韓国は技術大国であり、世界で 12 番目に大きな経済規模を持ち、戦略的に位置付けられ、優れた軍事力を持っているため、クワッドに追加するのがよいでしょう。」

エスパー元国務長官は、米国が日本に核の傘を提供していることを指摘し、日本の核兵器の必要性について否定的な立場をとった。

[녹취:에스퍼 전 장관] 「彼らには抑止力の延長保証が付いています。 したがって、この場合、韓国との戦いを支援するために必要な伝統的な戦闘能力の観点から、彼らがより多くの投資を行うことを望んでいますが、もちろん、中国を抑止するために、特に南中国からの海上で、中国にとってより重要なことです。おそらく東シナ海。

エスパー氏は、「米国は日本に対して広範な抑止力を約束している。 「必要とされる伝統的な戦闘能力への投資を増やしたい」

北朝鮮問題については、解決には時間がかかると感じていた。

[녹취:에스퍼 전 장관] 「バイデン政権は今、あなたが北朝鮮に対して行っていることに直面している。彼らは核実験について話している。彼らは間違いなくミサイルの実験を行っている。あなたは今、北朝鮮により協力的な政府を持っている。前向きなことですが、金正恩氏がすぐに去っていくわけではなく、北朝鮮もそうではありません。

エスパー氏は「バイデン政権は、北朝鮮の核・ミサイル実験の可能性が続く状況で、北朝鮮にどう対処するかという問題に直面した」と述べたが、金正恩氏と北朝鮮問題はなくならないだろうと述べた。近いうちに。 すぐ。”

トランプ氏の北朝鮮へのアプローチについては、北朝鮮との緊張緩和にプラスの側面があると評価した。

[녹취:에스퍼 전 장관] 「彼が金正恩に会うのは型破りだった。あなたの伝統的な外交政策の専門家の多くは、ご存知のように、私たちは金正恩に大統領との舞台を与えるべきではないとうんざりしていました。核実験とICBM実験を2、3年行っていないので、そのような事態は落ち着いてきました。

エスパー元国務長官は次のように述べた。

しかし、トランプ政権発足当初、北朝鮮への攻撃の可能性が浮上した際、在韓米軍家族の退避計画作成を命じられたことを思い出し、軍関係者として、北朝鮮による先制攻撃につながる可能性がある限り、彼は常に予測不可能性について心配しなければなりませんでした。 .

VOAニュースのチョ・ウン・リーです。

Miyazaki Yumiko

「インターネット狂信者。邪悪な主催者。テレビ狂信者。探検家。流行に敏感なソーシャルメディア中毒者。認定食品専門家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。